2005年05月07日

Dear...

私はいま、猛烈に感動しています。

そして感謝の意をすごくすごく伝えたい。
けど、相手は遠くに住んでいるので会うことはなかなか出来ません。

なので、ここで意を伝えたいと思う。


DEAR ECO

エコとの出会いは
無人島。

確か、初めて会ったのは、舟から降りた砂浜だったような・・・
それとも寝床を作っていた雑草の上だったような・・・
いまいち覚えていません。
某NGO企画の「無人島サバイバル合宿」での出会い。

思えば住んでる場所も年齢も、背景も違う。
私は京都、エコは広島。私は学生、エコは元社会人。
その他もろもろ違うとこはあるけど、
なぜか昔から知っていたような安心感と
波長が合って、
一緒にいてすごく楽。

そんなエコから思わぬところで
エールと貰いました。


まじ涙がでそうになりました。


ありがとう、
THANKS SO SO SO… MUCH!!





エコからのメッセージを読んでいて
改めて気付いたことがある。

それは、
「自分には味方がいたこと」


恐ろしく凹んでいる時は、
自分はひとりぼっちなんじゃないか、
誰にも必要とされてないんじゃないか、
って
ひどく自己嫌悪に陥り、自分を責める。
そんな時は
自分の殻に閉じこもってしまうので
周りが見えなくなる。

だけど、
そんな殻の周りには
自分を取り巻く人達がいて、
家族や、友人や、
もろもろが私の日常を支えてくれている。
そして、
更に、そのまたもっと周りには、
この日本、いや世界、にいる限り、
繋がっている人達がいるということ。

どんなに遠くても、
普段会うことが出来なくても、
自分を見守っていてくれる人がいるということ。


そんな事に気がついた。


こうして広島からエールを送ってくれる人、
私が泣いてる夜に東京から電話をくれた人、
群馬からメールをくれたネエサン、
ブログにコメントを書いてくれた友人、etc

普段、
実生活に会わない人達。
顔が見えないと
なかなか解らないけど、
ちゃんと見ててくれる人がいるということ。

そんな事に気がついた。



そして、ありがとうエコ!
日本に帰ってきたら必ず広島に行くよ。
お互い、
なかなか上手くいかなくて
もどかしい毎日を送ることがあるけど、
えこが大変な時は私を必要として下さい。
えこが私の味方だと言ってくれる以上に、
私だってエコの味方だから。

I wish for your achieving work,
the day come true when you get money and go to the trip.



posted by y at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悩みの種その@
髪の毛。



旅に出る際、
どーしよっか。と思って。


う〜ん。
今のままでもいいんだけど、
傷んですごいからまるし。
しかもずっと伸ばしてて
かなり長いし。
(肩下30はあるわ)

う〜ん。

旅先でのことを考えたら、手入れがめんどい。

安宿のドミとか泊まって、
朝起きて
髪の毛とかす、なんて行為はちょっとなぁ。
というかめんどい。

兄曰く、
「目覚めた姿で行動、が基本」とかいってたし。
やっぱり・・・。
最初はまあ頑張ったとしても
長期になってくるとさすがにねぇ、
身なりとかどーでもよくなってくるだろうし。
てなると、”絡まった長い髪”というのは
かなりやっかい。
特に私の髪は細すぎなので、
絡まるとありえへんくらい絡まりまくって
さらにどんどん絡まって絡まって
しまいには、
蚕?!みたいになる。

・・・・→  


それはやっかい。
とても。


ってことで、バッサリ
ベリーショートに切ってしまおう!




ってなるんやけど。



でもなぁ。
・・・

"ロング"に対しては
意味不明なこだわりがありまして。。
大昔、すきやった人に、
「ロングのほうが似合うんちゃう?」
って言われて以来、
なんだかんだいってずっとロングはキープしてきた。
別にその人は今更どーでもいいんやけど、
なぜかロングに対してこだわるようなって。

なんでやっぱ
切ったとしても肩下くらいでいたいなぁ。。



そんな時、美容師やってる先輩から、
「カットの練習させてくれへん?
そしたら縮毛1000円でしたげるわ」というお頼み。



VIVA!やっぱ持つべきものは美容師の知り合い!手(チョキ)

って
喜んでたのに。


それがボツに。


あれまぁ〜;
ストパあてれたら手入れが超簡単やねんけどなあ。

でも高いしなー

お金ないしなーー

あー、もういっそタイでストパ当てて切ろうかなぁ。

なんて考えがよぎっていた


けど・・・
徹さん曰く、
「タイに住んでたとき、日本から来た友達が美容院で切って
"日本に帰れない姿”になって嘆いていた」
という話をきいて、

却下。


うーーん、どうしたものか。

と思っていたら、
昔、ストパあてた美容院が
縮毛をかなり破格でしてくれる割引券
を発見。
これだ!
と思って今日いってきました。


縮毛+かなり切ってしまいました・・・

バッサリ。


その美容師のおにーさんが言うには、
「あんたの髪質、日本人の髪つーより外人の髪質やから
 多分ヨーロッパとか行った時一度切ってみたらいいんちゃうかな。
 自分の髪質にあったデザイン見つかるかもよ。」

というお言葉をいただきまして。

そーしよっかな。

ヨーロッパたどり着いたら髪の毛切ろうか。


あと、これから旅に出る話で盛り上がってたら、
「多分、アジアとかインドとか、まあ水も違うし、
 紫外線もすごいし、
 長期で行って帰ってきた頃には、あんたの髪の毛 破壊してるやろうな。
 つーか、崩壊やな。ガハハ」

とか言われました。


あはは。

まあ、当たり前やろうけど。しゃーないわ。

崩壊ってどんなんよ?!って話やけど(笑)

「ご無事で。」って言われたので、
「帰国したらまた来ますわ」と約束してきました。


そんなボロボロなんのかなぁ。
髪がそんなんやったら肌とかどーなんねんやろ。
皮膚が一番心配なり。

posted by y at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

継続は大事なり

このところ、
全然日記かいてませんでした・・・;
いや、
契約終了の仕事最後の日に
感極まって
書くことが多すぎて書けなくて、でそのままに
してたら後日もかけなくて、
他の日もかかずじまいでして。

今年の目標は、
「1つでも"継続"を達成する」こと。
で、
その第一歩として、
■日記を毎日つけること■
を手帳に誓ったは〜ずなのに!


地球が崩壊しても火星が沈没しても
「コツコツすること」がどうしても出来ない私。

いかーん。
自分の好きなことでも
一旦やめだすと続かない?!

いかんいかん、。

頭の中では毎日書いてるんですけどね〜(言い訳)


て、ことで

ここいらで一気にここ数日間分
まとめて書くぞ!(反則)

・・・・と、
思ったけど、
何が書きたかったか忘れかけてきてるので(アルツハイマー)
とりあえず
題名だけでもアップ。。
posted by y at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

girls talk

hiromiparty.JPG今日はひろみとちえと会ってきました。


・5−6 カラオケ。
今日はひろみんとちえと遊んだ☆
昼に集合してカラオケに行く!
やっぱりいいですねーカラオケ。
ストレス発散。
ひろみと来るの久しぶりじゃない?
しかも平日の昼間は一時間5円という激安価格。
ドリンク代を足したとしても
かなり安いわ。
途中ちえも合流して
6時間ぐらい歌ったけど会計は全員で750円だった。
おかしい。
かなりおかしい。
絶対会計間違えてる(笑)

その後、新しく出来たアメリカンなバーレストランへ。
かなり雰囲気よし。
ソファーも一つ一つコレクションの様に違っていて、
ランプも椅子も一個一個独特。
相当いいムード流れる空間 だった。
あそこ、良かったよねー。
3人でこれからの事を話す。
あと数ヵ月後、どうなってるんだろうね。

posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

国際ISID

・5−5 
国際ISID作りにいく

今日は子供の日。
下宿の家の前の家の屋上に、こいのぼりがなびいていた。
こいのぼりかー、
こういうイベントっていつ頃からやらなくなったんだろう。

今日は国際学生証を作りにいった。
調べて電話すると、宇多野YHまで行けば、即日で作って
くれるらしいので、原付で1時間半くらいかけて行く。
太秦を越えるあたりから段々林になってきて、
豊かな自然の中にそのYHはあった。
まるで「林間学校」のような立地だった。

そこでISIDと一緒についでに、ヨーロッパ行った時のことも
考えて国際YH会員にもなっておく。

その、YH,憩いの場が充実してて、
和室みたいな団欒室もあって京都を紹介する冊子も
たくさんあった。
そこで暫く時間を潰していたら、白人親子が来て
少し話していたら、
彼らはUSAから親子で来てて、日本は名古屋、京都、東京と
回るらしい。東京はso busy, kyoto is better than tokyo,i thinkと
一応先に言っておいた。NYの人が東京をみた時ってどんな感じなんだろう。

そのあと、カードが出来たと呼ばれたから
取りに言って、そのまま、また長い道のりを帰る。


夜、明日のひろみにあすの連絡しようと携帯を探したら
携帯がない!どこをどう探してもない。
もしかして、途中で休憩した公園かしら、と思って
深夜、公園を徘徊して探すも見つからない。

どうしよう。
MSNで急遽ヘルプを求め、友達に私の携帯に電話してもらったら、
なんと今日いった
YHの団欒部屋に忘れてきていたらしい!!
なんたること!
そういえば、NY親子と話してた時にソファーの横に
おいたんだった!!

あらーー
もう自分の駄目駄目っぷりにまたもうんざり。

でも親切な人に拾われてよかった。。
明日、また取りにいこう。。
posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

実家の魔力

・実家の魔力夜 久しぶりに実家に帰る。 今までの疲れがどっと出て、何もする気がしない。 ほんとは準備のためにすぐ帰るつもりだったのに 結局3日間もいて特に何もしなく過ごした。 実家ほど落ち着くとこは他にはない。 ご飯も出てくるし。洗濯も。 こんな素晴らしい環境、 ある意味、魔力だわ(笑)
posted by y at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記事の感想

・記事の感想

今月号のガクシンに半年前のカンボジアの記事を書いたら 
意外な友達から「記事読んだよ」と感想をもらった。

 その子は、大学に入りたての頃仲良かったんだけど、
段々疎遠となり、その子はおネエ系となり
ほとんど会う機会もしゃべる機会もなく3年が過ぎていた。
 その子からの突然のメール。
「記事読んだよ。実はいつも+ちゃんの書いてるとこは
読んでるねん。今回のやつ、なんか読んで感動したわ。
これが同じ年の子が書いた記事・・・
私の大学3年間ねんて遊んでばっかりで何やってたんやろう、
って考えさせられたわ」という
メールを貰った。
あまりの久しぶりのコンタクトにびっくりしたのと
密かに私の書いてたやつを読んでくれてたことが
すごく嬉しかった。

「人に何かを伝えれる記事を」、
というそんな大それたことは言えないけど
自分の書いた文で
誰かが何かを考えるきっかけになれば、
それによって
小さくても、
読んだ人の日常に何か少しの“揺”を
与えることが出来るのなら、

これ以上の幸せはない。


だから
すごく
すごく
嬉しかった。

あと、いつも読んでくれてる友達とかにも
感想のメールを沢山もらえて
書き冥利に尽きる。
こんな、学生レベルのペーペーな文章でも
誰かに感想を言ってもらえると
すごく嬉しいし、次の意欲にも繋がる。
あーやっぱ編集の仕事に
何かしらの形で将来携わりたいなあ、と
やっぱりやっぱり思ってしまった出来事でした。




posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

資金計算・驚愕の事実;

>>以下
posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

Family shot

家族ハ真UP.jpg


家族で
写真をとりましたー

家族全員が揃うということは
なかなか今後ないので。

4人+1匹。


そういえば、いままで全員揃って撮ったこと
なかったような・・・

これから、
うちは旅で アジア〜に
兄は勤務で 名古屋 に、
父は工場のある中国 に
それぞれ行きまふ。



お互いガンバリマショウ。皆様Good luck!

posted by y at 15:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅の音楽

音楽作り〜

))以下
posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

Dear...

私はいま、猛烈に感動しています。

そして感謝の意をすごくすごく伝えたい。
けど、相手は遠くに住んでいるので会うことはなかなか出来ません。

なので、ここで意を伝えたいと思う。


DEAR ECO

エコとの出会いは
無人島。

確か、初めて会ったのは、舟から降りた砂浜だったような・・・
それとも寝床を作っていた雑草の上だったような・・・
いまいち覚えていません。
某NGO企画の「無人島サバイバル合宿」での出会い。

思えば住んでる場所も年齢も、背景も違う。
私は京都、エコは広島。私は学生、エコは元社会人。
その他もろもろ違うとこはあるけど、
なぜか昔から知っていたような安心感と
波長が合って、
一緒にいてすごく楽。

そんなエコから思わぬところで
エールと貰いました。


まじ涙がでそうになりました。


ありがとう、
THANKS SO SO SO… MUCH!!





エコからのメッセージを読んでいて
改めて気付いたことがある。

それは、
「自分には味方がいたこと」


恐ろしく凹んでいる時は、
自分はひとりぼっちなんじゃないか、
誰にも必要とされてないんじゃないか、
って
ひどく自己嫌悪に陥り、自分を責める。
そんな時は
自分の殻に閉じこもってしまうので
周りが見えなくなる。

だけど、
そんな殻の周りには
自分を取り巻く人達がいて、
家族や、友人や、
もろもろが私の日常を支えてくれている。
そして、
更に、そのまたもっと周りには、
この日本、いや世界、にいる限り、
繋がっている人達がいるということ。

どんなに遠くても、
普段会うことが出来なくても、
自分を見守っていてくれる人がいるということ。


そんな事に気がついた。


こうして広島からエールを送ってくれる人、
私が泣いてる夜に東京から電話をくれた人、
群馬からメールをくれたネエサン、
ブログにコメントを書いてくれた友人、etc

普段、
実生活に会わない人達。
顔が見えないと
なかなか解らないけど、
ちゃんと見ててくれる人がいるということ。

そんな事に気がついた。



そして、ありがとうエコ!
日本に帰ってきたら必ず広島に行くよ。
お互い、
なかなか上手くいかなくて
もどかしい毎日を送ることがあるけど、
えこが大変な時は私を必要として下さい。
えこが私の味方だと言ってくれる以上に、
私だってエコの味方だから。

I wish for your achieving work,
the day come true when you get money and go to the trip.



posted by y at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悩みの種その@
髪の毛。



旅に出る際、
どーしよっか。と思って。


う〜ん。
今のままでもいいんだけど、
傷んですごいからまるし。
しかもずっと伸ばしてて
かなり長いし。
(肩下30はあるわ)

う〜ん。

旅先でのことを考えたら、手入れがめんどい。

安宿のドミとか泊まって、
朝起きて
髪の毛とかす、なんて行為はちょっとなぁ。
というかめんどい。

兄曰く、
「目覚めた姿で行動、が基本」とかいってたし。
やっぱり・・・。
最初はまあ頑張ったとしても
長期になってくるとさすがにねぇ、
身なりとかどーでもよくなってくるだろうし。
てなると、”絡まった長い髪”というのは
かなりやっかい。
特に私の髪は細すぎなので、
絡まるとありえへんくらい絡まりまくって
さらにどんどん絡まって絡まって
しまいには、
蚕?!みたいになる。

・・・・→  


それはやっかい。
とても。


ってことで、バッサリ
ベリーショートに切ってしまおう!




ってなるんやけど。



でもなぁ。
・・・

"ロング"に対しては
意味不明なこだわりがありまして。。
大昔、すきやった人に、
「ロングのほうが似合うんちゃう?」
って言われて以来、
なんだかんだいってずっとロングはキープしてきた。
別にその人は今更どーでもいいんやけど、
なぜかロングに対してこだわるようなって。

なんでやっぱ
切ったとしても肩下くらいでいたいなぁ。。



そんな時、美容師やってる先輩から、
「カットの練習させてくれへん?
そしたら縮毛1000円でしたげるわ」というお頼み。



VIVA!やっぱ持つべきものは美容師の知り合い!手(チョキ)

って
喜んでたのに。


それがボツに。


あれまぁ〜;
ストパあてれたら手入れが超簡単やねんけどなあ。

でも高いしなー

お金ないしなーー

あー、もういっそタイでストパ当てて切ろうかなぁ。

なんて考えがよぎっていた


けど・・・
徹さん曰く、
「タイに住んでたとき、日本から来た友達が美容院で切って
"日本に帰れない姿”になって嘆いていた」
という話をきいて、

却下。


うーーん、どうしたものか。

と思っていたら、
昔、ストパあてた美容院が
縮毛をかなり破格でしてくれる割引券
を発見。
これだ!
と思って今日いってきました。


縮毛+かなり切ってしまいました・・・

バッサリ。


その美容師のおにーさんが言うには、
「あんたの髪質、日本人の髪つーより外人の髪質やから
 多分ヨーロッパとか行った時一度切ってみたらいいんちゃうかな。
 自分の髪質にあったデザイン見つかるかもよ。」

というお言葉をいただきまして。

そーしよっかな。

ヨーロッパたどり着いたら髪の毛切ろうか。


あと、これから旅に出る話で盛り上がってたら、
「多分、アジアとかインドとか、まあ水も違うし、
 紫外線もすごいし、
 長期で行って帰ってきた頃には、あんたの髪の毛 破壊してるやろうな。
 つーか、崩壊やな。ガハハ」

とか言われました。


あはは。

まあ、当たり前やろうけど。しゃーないわ。

崩壊ってどんなんよ?!って話やけど(笑)

「ご無事で。」って言われたので、
「帰国したらまた来ますわ」と約束してきました。


そんなボロボロなんのかなぁ。
髪がそんなんやったら肌とかどーなんねんやろ。
皮膚が一番心配なり。

posted by y at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

継続は大事なり

このところ、
全然日記かいてませんでした・・・;
いや、
契約終了の仕事最後の日に
感極まって
書くことが多すぎて書けなくて、でそのままに
してたら後日もかけなくて、
他の日もかかずじまいでして。

今年の目標は、
「1つでも"継続"を達成する」こと。
で、
その第一歩として、
■日記を毎日つけること■
を手帳に誓ったは〜ずなのに!


地球が崩壊しても火星が沈没しても
「コツコツすること」がどうしても出来ない私。

いかーん。
自分の好きなことでも
一旦やめだすと続かない?!

いかんいかん、。

頭の中では毎日書いてるんですけどね〜(言い訳)


て、ことで

ここいらで一気にここ数日間分
まとめて書くぞ!(反則)

・・・・と、
思ったけど、
何が書きたかったか忘れかけてきてるので(アルツハイマー)
とりあえず
題名だけでもアップ。。
posted by y at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

girls talk

hiromiparty.JPG今日はひろみとちえと会ってきました。


・5−6 カラオケ。
今日はひろみんとちえと遊んだ☆
昼に集合してカラオケに行く!
やっぱりいいですねーカラオケ。
ストレス発散。
ひろみと来るの久しぶりじゃない?
しかも平日の昼間は一時間5円という激安価格。
ドリンク代を足したとしても
かなり安いわ。
途中ちえも合流して
6時間ぐらい歌ったけど会計は全員で750円だった。
おかしい。
かなりおかしい。
絶対会計間違えてる(笑)

その後、新しく出来たアメリカンなバーレストランへ。
かなり雰囲気よし。
ソファーも一つ一つコレクションの様に違っていて、
ランプも椅子も一個一個独特。
相当いいムード流れる空間 だった。
あそこ、良かったよねー。
3人でこれからの事を話す。
あと数ヵ月後、どうなってるんだろうね。

posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

国際ISID

・5−5 
国際ISID作りにいく

今日は子供の日。
下宿の家の前の家の屋上に、こいのぼりがなびいていた。
こいのぼりかー、
こういうイベントっていつ頃からやらなくなったんだろう。

今日は国際学生証を作りにいった。
調べて電話すると、宇多野YHまで行けば、即日で作って
くれるらしいので、原付で1時間半くらいかけて行く。
太秦を越えるあたりから段々林になってきて、
豊かな自然の中にそのYHはあった。
まるで「林間学校」のような立地だった。

そこでISIDと一緒についでに、ヨーロッパ行った時のことも
考えて国際YH会員にもなっておく。

その、YH,憩いの場が充実してて、
和室みたいな団欒室もあって京都を紹介する冊子も
たくさんあった。
そこで暫く時間を潰していたら、白人親子が来て
少し話していたら、
彼らはUSAから親子で来てて、日本は名古屋、京都、東京と
回るらしい。東京はso busy, kyoto is better than tokyo,i thinkと
一応先に言っておいた。NYの人が東京をみた時ってどんな感じなんだろう。

そのあと、カードが出来たと呼ばれたから
取りに言って、そのまま、また長い道のりを帰る。


夜、明日のひろみにあすの連絡しようと携帯を探したら
携帯がない!どこをどう探してもない。
もしかして、途中で休憩した公園かしら、と思って
深夜、公園を徘徊して探すも見つからない。

どうしよう。
MSNで急遽ヘルプを求め、友達に私の携帯に電話してもらったら、
なんと今日いった
YHの団欒部屋に忘れてきていたらしい!!
なんたること!
そういえば、NY親子と話してた時にソファーの横に
おいたんだった!!

あらーー
もう自分の駄目駄目っぷりにまたもうんざり。

でも親切な人に拾われてよかった。。
明日、また取りにいこう。。
posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

実家の魔力

・実家の魔力夜 久しぶりに実家に帰る。 今までの疲れがどっと出て、何もする気がしない。 ほんとは準備のためにすぐ帰るつもりだったのに 結局3日間もいて特に何もしなく過ごした。 実家ほど落ち着くとこは他にはない。 ご飯も出てくるし。洗濯も。 こんな素晴らしい環境、 ある意味、魔力だわ(笑)
posted by y at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

記事の感想

・記事の感想

今月号のガクシンに半年前のカンボジアの記事を書いたら 
意外な友達から「記事読んだよ」と感想をもらった。

 その子は、大学に入りたての頃仲良かったんだけど、
段々疎遠となり、その子はおネエ系となり
ほとんど会う機会もしゃべる機会もなく3年が過ぎていた。
 その子からの突然のメール。
「記事読んだよ。実はいつも+ちゃんの書いてるとこは
読んでるねん。今回のやつ、なんか読んで感動したわ。
これが同じ年の子が書いた記事・・・
私の大学3年間ねんて遊んでばっかりで何やってたんやろう、
って考えさせられたわ」という
メールを貰った。
あまりの久しぶりのコンタクトにびっくりしたのと
密かに私の書いてたやつを読んでくれてたことが
すごく嬉しかった。

「人に何かを伝えれる記事を」、
というそんな大それたことは言えないけど
自分の書いた文で
誰かが何かを考えるきっかけになれば、
それによって
小さくても、
読んだ人の日常に何か少しの“揺”を
与えることが出来るのなら、

これ以上の幸せはない。


だから
すごく
すごく
嬉しかった。

あと、いつも読んでくれてる友達とかにも
感想のメールを沢山もらえて
書き冥利に尽きる。
こんな、学生レベルのペーペーな文章でも
誰かに感想を言ってもらえると
すごく嬉しいし、次の意欲にも繋がる。
あーやっぱ編集の仕事に
何かしらの形で将来携わりたいなあ、と
やっぱりやっぱり思ってしまった出来事でした。




posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

資金計算・驚愕の事実;

>>以下
posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

Family shot

家族ハ真UP.jpg


家族で
写真をとりましたー

家族全員が揃うということは
なかなか今後ないので。

4人+1匹。


そういえば、いままで全員揃って撮ったこと
なかったような・・・

これから、
うちは旅で アジア〜に
兄は勤務で 名古屋 に、
父は工場のある中国 に
それぞれ行きまふ。



お互いガンバリマショウ。皆様Good luck!

posted by y at 15:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅の音楽

音楽作り〜

))以下
posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。