2005年05月11日

あと4日・・・

あーーばたばたするあせあせ(飛び散る汗)

いやになるね〜毎度毎度のこのギリギリ魔っぷりわふらふら





・友達に挨拶V

お昼、めぐりんとあつぴんに会う。
二人は、中学・高校・大学という10年来の
長〜いおつきあい。
一人はシュカツ、
一人は国際領事官めざしてて、一人は休学。

うーん
ほんま、分岐点ですねぇ。
昔から、お互いのことをずっと知ってるだけに、
でもそれぞれの選択は
「**っぽいね」と納得できる。

あと、私の性格もよく解っていらっしゃるわぁ。
「"無事に帰ってきて"、っていうより、
"無事に出発して"って感じやわ(笑)」
・・・ごもっともな意見。(笑)

「(私)やから何でもやっていけそうやけど、
(私)やからすごいとこで抜けてそうで心配」
・・・ごもっともな意見。(笑)


それから、最後に別れる時に、二人からそれぞれ手紙をもらった。

image/sakamaki-2005-05-12T03:40:37-1.jpg
中を読んで、
二人からの、応援と励ましと、
激励と、それから心配の意をひしひしと感じました。
涙が出ました。
二人とも、私のことよく解ってるやんっ(TT)
うちらの10年て、
すごいよね。
途中、ケンカしたり、疎遠になった時期あったりだけど、
今もこうして
いつ会ってもフランクで、バカも出来て、気を使わないし、
こんな気が置けない仲は
とてつもなく私にとって貴重で大事で大事です。
はい。
前、中学の写真発見して見ててんけどさ、
なんだかんだいって、皆変わってないよね。
外見は変わったとしても、
イメージは永久不変やわ。

それから、"旅行安全"と彫られた石のお守り。
ありがとう(TT)
まじ涙ちょちょぎれるわ。
大事に持っていくよ、


あつこっ、帰ったらまたランニング必須よ!
「若さを保つ会」は永遠に不滅やから☆
あと、魔界巡りもついに実行しよ〜や。

めぐっ、試験頑張ってね!朗報待ってる。
あと、帰ってきたら何かひとつ絵を書いてめぐに託すわ!


二人ともそれぞれの道を
進んで頑張ってください。
最後ちゃんと二人に会えて良かった〜☆☆
渡り鳥になってきます。




・ヤフオクで辞書落札

・振込み〜〜

・眼科にいってコンタクト買う〜〜

・インドビザ申請用紙を貰いにいく〜

・ビザ用の証明写真とる〜X2

・学校の本を返しに行く〜

・保険会社AIUをまわる〜

・あ、為替チェック。105円台に落ちてきたーっ





・友達に挨拶4

夜、ゼミで一番仲良かった子と100マック。
やっぱりシュウカツ大変やけど、
この子の底力、というか、落ちてもめげない強さ
みたいなのを感じる。
部活とシュウカツを両立してる、ってすごい話。
一つだけでも大変なのにさ・・・
いや、すごいわ。ちゃんとどちらも頑張る彼女に拍手!

あと言われた言葉。
「*ちゃんは自分に厳しすぎると思う。理想が高すぎ。
 もっと、適度にゆるい自分も認めて、やっていく方法もあると思うで」

うーん。
自分に厳しい?
そうかな・・・どっちかというと甘いような;
でもなんだろー理想が高い、
というよりかは、
人並みにはなりたいんです。
周りが持ってる当たり前のものを私が持ってないから。


・友達に挨拶5

深夜、その後は、
またテニサ時代のいつもの友達んちでしゃべくり。
いつも思うけど異様にその部屋寒くない?
毛布にくるまり〜

「自惚れ」について。

自惚れとリアルのちがい。

思ったのは、私の場合、自惚れは
ほんまに自惚れでしかないんやわ。
だって、
自分がいいように解釈してるだけなんやし。
片思い至上主義、
というよりかは、自惚れていい気分に浸っていたいだけ・・・
なんかなー。
やっぱり・・・


そして、切に思ったのは、
「女としての魅力」が欲しい、
ということ。

多分、
友達と私が同じ状況だったとして、
例えば
微妙な関係の異性と二人きりで
夜を明かすことになったとしても、
友達→なにか起こる。
私→なにも起こらない。

だと思う。
てか、実際、何度かそういう状況あったけど
なんかおこったことないしねー(笑)
ありえへんと思うし、起こっちゃそれはそれでびっくりやけど。

う〜ん、
これはやっぱり女としての魅力がないって
ことなんでしょう。
うん。

あー
何年後でもいいから
いいおんなになりたいのぉダッシュ(走り出すさま)




posted by y at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3580652

この記事へのトラックバック

2005年05月11日

あと4日・・・

あーーばたばたするあせあせ(飛び散る汗)

いやになるね〜毎度毎度のこのギリギリ魔っぷりわふらふら





・友達に挨拶V

お昼、めぐりんとあつぴんに会う。
二人は、中学・高校・大学という10年来の
長〜いおつきあい。
一人はシュカツ、
一人は国際領事官めざしてて、一人は休学。

うーん
ほんま、分岐点ですねぇ。
昔から、お互いのことをずっと知ってるだけに、
でもそれぞれの選択は
「**っぽいね」と納得できる。

あと、私の性格もよく解っていらっしゃるわぁ。
「"無事に帰ってきて"、っていうより、
"無事に出発して"って感じやわ(笑)」
・・・ごもっともな意見。(笑)

「(私)やから何でもやっていけそうやけど、
(私)やからすごいとこで抜けてそうで心配」
・・・ごもっともな意見。(笑)


それから、最後に別れる時に、二人からそれぞれ手紙をもらった。

image/sakamaki-2005-05-12T03:40:37-1.jpg
中を読んで、
二人からの、応援と励ましと、
激励と、それから心配の意をひしひしと感じました。
涙が出ました。
二人とも、私のことよく解ってるやんっ(TT)
うちらの10年て、
すごいよね。
途中、ケンカしたり、疎遠になった時期あったりだけど、
今もこうして
いつ会ってもフランクで、バカも出来て、気を使わないし、
こんな気が置けない仲は
とてつもなく私にとって貴重で大事で大事です。
はい。
前、中学の写真発見して見ててんけどさ、
なんだかんだいって、皆変わってないよね。
外見は変わったとしても、
イメージは永久不変やわ。

それから、"旅行安全"と彫られた石のお守り。
ありがとう(TT)
まじ涙ちょちょぎれるわ。
大事に持っていくよ、


あつこっ、帰ったらまたランニング必須よ!
「若さを保つ会」は永遠に不滅やから☆
あと、魔界巡りもついに実行しよ〜や。

めぐっ、試験頑張ってね!朗報待ってる。
あと、帰ってきたら何かひとつ絵を書いてめぐに託すわ!


二人ともそれぞれの道を
進んで頑張ってください。
最後ちゃんと二人に会えて良かった〜☆☆
渡り鳥になってきます。




・ヤフオクで辞書落札

・振込み〜〜

・眼科にいってコンタクト買う〜〜

・インドビザ申請用紙を貰いにいく〜

・ビザ用の証明写真とる〜X2

・学校の本を返しに行く〜

・保険会社AIUをまわる〜

・あ、為替チェック。105円台に落ちてきたーっ





・友達に挨拶4

夜、ゼミで一番仲良かった子と100マック。
やっぱりシュウカツ大変やけど、
この子の底力、というか、落ちてもめげない強さ
みたいなのを感じる。
部活とシュウカツを両立してる、ってすごい話。
一つだけでも大変なのにさ・・・
いや、すごいわ。ちゃんとどちらも頑張る彼女に拍手!

あと言われた言葉。
「*ちゃんは自分に厳しすぎると思う。理想が高すぎ。
 もっと、適度にゆるい自分も認めて、やっていく方法もあると思うで」

うーん。
自分に厳しい?
そうかな・・・どっちかというと甘いような;
でもなんだろー理想が高い、
というよりかは、
人並みにはなりたいんです。
周りが持ってる当たり前のものを私が持ってないから。


・友達に挨拶5

深夜、その後は、
またテニサ時代のいつもの友達んちでしゃべくり。
いつも思うけど異様にその部屋寒くない?
毛布にくるまり〜

「自惚れ」について。

自惚れとリアルのちがい。

思ったのは、私の場合、自惚れは
ほんまに自惚れでしかないんやわ。
だって、
自分がいいように解釈してるだけなんやし。
片思い至上主義、
というよりかは、自惚れていい気分に浸っていたいだけ・・・
なんかなー。
やっぱり・・・


そして、切に思ったのは、
「女としての魅力」が欲しい、
ということ。

多分、
友達と私が同じ状況だったとして、
例えば
微妙な関係の異性と二人きりで
夜を明かすことになったとしても、
友達→なにか起こる。
私→なにも起こらない。

だと思う。
てか、実際、何度かそういう状況あったけど
なんかおこったことないしねー(笑)
ありえへんと思うし、起こっちゃそれはそれでびっくりやけど。

う〜ん、
これはやっぱり女としての魅力がないって
ことなんでしょう。
うん。

あー
何年後でもいいから
いいおんなになりたいのぉダッシュ(走り出すさま)




posted by y at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3580652

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。