2005年05月04日

記事の感想

・記事の感想

今月号のガクシンに半年前のカンボジアの記事を書いたら 
意外な友達から「記事読んだよ」と感想をもらった。

 その子は、大学に入りたての頃仲良かったんだけど、
段々疎遠となり、その子はおネエ系となり
ほとんど会う機会もしゃべる機会もなく3年が過ぎていた。
 その子からの突然のメール。
「記事読んだよ。実はいつも+ちゃんの書いてるとこは
読んでるねん。今回のやつ、なんか読んで感動したわ。
これが同じ年の子が書いた記事・・・
私の大学3年間ねんて遊んでばっかりで何やってたんやろう、
って考えさせられたわ」という
メールを貰った。
あまりの久しぶりのコンタクトにびっくりしたのと
密かに私の書いてたやつを読んでくれてたことが
すごく嬉しかった。

「人に何かを伝えれる記事を」、
というそんな大それたことは言えないけど
自分の書いた文で
誰かが何かを考えるきっかけになれば、
それによって
小さくても、
読んだ人の日常に何か少しの“揺”を
与えることが出来るのなら、

これ以上の幸せはない。


だから
すごく
すごく
嬉しかった。

あと、いつも読んでくれてる友達とかにも
感想のメールを沢山もらえて
書き冥利に尽きる。
こんな、学生レベルのペーペーな文章でも
誰かに感想を言ってもらえると
すごく嬉しいし、次の意欲にも繋がる。
あーやっぱ編集の仕事に
何かしらの形で将来携わりたいなあ、と
やっぱりやっぱり思ってしまった出来事でした。




posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

2005年05月04日

記事の感想

・記事の感想

今月号のガクシンに半年前のカンボジアの記事を書いたら 
意外な友達から「記事読んだよ」と感想をもらった。

 その子は、大学に入りたての頃仲良かったんだけど、
段々疎遠となり、その子はおネエ系となり
ほとんど会う機会もしゃべる機会もなく3年が過ぎていた。
 その子からの突然のメール。
「記事読んだよ。実はいつも+ちゃんの書いてるとこは
読んでるねん。今回のやつ、なんか読んで感動したわ。
これが同じ年の子が書いた記事・・・
私の大学3年間ねんて遊んでばっかりで何やってたんやろう、
って考えさせられたわ」という
メールを貰った。
あまりの久しぶりのコンタクトにびっくりしたのと
密かに私の書いてたやつを読んでくれてたことが
すごく嬉しかった。

「人に何かを伝えれる記事を」、
というそんな大それたことは言えないけど
自分の書いた文で
誰かが何かを考えるきっかけになれば、
それによって
小さくても、
読んだ人の日常に何か少しの“揺”を
与えることが出来るのなら、

これ以上の幸せはない。


だから
すごく
すごく
嬉しかった。

あと、いつも読んでくれてる友達とかにも
感想のメールを沢山もらえて
書き冥利に尽きる。
こんな、学生レベルのペーペーな文章でも
誰かに感想を言ってもらえると
すごく嬉しいし、次の意欲にも繋がる。
あーやっぱ編集の仕事に
何かしらの形で将来携わりたいなあ、と
やっぱりやっぱり思ってしまった出来事でした。




posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。