2005年04月30日

任務終了の日

最後の仕事の日。

ずっと待ち侘びた契約満期の日。

 

何回もカウントダウンして
あと何日・・・

あと何日・・・

と唱え続けた日。

 

ついにその日が来た。

 

>>以下

tuketasi ・任務終了の日 今日が本当に待ちに待ちに待ちにまって 夢にまでもみた任務終了の日。 無事(ではないけど)この日を 迎えられるとは、 いろんな意味で感無量。 はずかしながら、自分に万歳したい気分である。 ほんとに、今までいろんな事があって、 何回も 何回も 数百万回も「辞めたい」と思ったけど なんとか 最後までやり遂げることが出来る。 ここまでくれば、 もう、最後は意地だった。 日々の苦痛よりも とにかく「最後までやった」という 達成感がただただ欲しかった。 そのためだけにここまでやってきたようなもの。 そしてついに最後の日。 今まで、 朝が、仕事に行くのが、 死ぬほど憂鬱で、朝日が赤札のように思えていたけど 今日は 白く見えた。 最後だ。 今日は何をいわれても流していよう。 よっしゃー 気合を入れて仕事場にいくと、 意外にもいつものメンバーに加え、 私の派遣元の会社から次の子が来ていた。 最後に、この子に引継ぎさえすれば 任務終了だと、 今日一日はこの子に仕事を教えることに全てを捧げる。 が、しかしこの子が結構クセのある子で。 19才フリーター、ギャル。 別にギャルは嫌いじゃない。 しっかりしたギャルもいるし。 しかーし、この子、なんというか、 山口もえと愛内里名を足して割ったようなイメージ。 (ファンの人ごめん) とにかく、なんというか、 ちょっとでも嫌な事は”え〜めんどくさーい〜、やって?”みたいな 感じで上目使いで見てくる。 過去、こうして男を落としてきたのだろうけど、 なんで、仕事の引継ぎで、教えている私(女)が この子に上目使いで駄々こねられなあかんのだ。 でも、今日が最後、最後と 念仏のように唱え、 「この子に教えさえすれば私は開放される」という 望みだけを信じて、 いろいろと繰り返し教える。 が、しかし、 「いっぱい言われても困るーー、私疲れた〜」 とか言いだす。 「でも、明日からは私おらんし、  **会社の担当はあなた一人なんやし、出来るように ならな自分が困るねんで。」 といってるのに、 「えーーでもーだって始めてだしー」とかいう。 始めて出来ないのは当たり前やけど、 こいつは覚える意志があるのか!! この職場、他会社担当の周りは全員ベテラン だし、初心者がどのように扱われいびられるかは、 過去聞いてきた話&自分の実体験を元に考えると この子が今後どうなるのかは 考えるだけでも恐ろしい。 すでに、この新人が初心者だと聞いた周りの目は 非常に冷たい。 あーあ、もう、知らんでー(恐怖) お昼休みになって、やっと開放されるかと 思いきや、 「え〜どこ行くんですか〜私も付いてきますぅぅぅ〜」とかいう。 いや、でも休憩時間くらいは自由やろ; 休憩の時に、近くのデパートの屋上でのんびりするのが 私の唯一の楽しみなのに。 あー困った。 しかも、「私、ロッカー室に忘れ物したんでついてきてくださーい」 とかくねくねしながら言う。 シャラッープ!! ロッカー室はすごく離れている建物にあるので 仕方なくそこでお昼を一緒にとるしかない。 くそーー うんざりしながらも「最終日だし円満に終わりたい一心」で 付きあう。 なに、この子、もしかして「一人じゃトイレにもいけなーい」 ってタイプの女の子? ひやー もっとも苦手なタイプ!! 長時間、身近にいると痒くなるわ。 んでもって、 休憩室。二人きりになると 突然その子はタバコをスパスパ吸いだし、 「私思うんだけど〜、++売り場のあの女、  あの人がレジにいるより私がいるほうが一般受けすると思うんだけど〜」 とか恐ろしい事を言いだす!!! は?!さっきまでの 「いじいじ、上目使い」っぷりはどこにいったの? しかも、もうタメ語な訳?!?! ひーー!!! うっっざーーー!! “女の怖さ”、 大爆発という感じ。 しかもしかもいきなり、 ”同階の別売場の女の子より私の方が上よ”、発言。 “自分がどうやれば可愛く写るか”を知っていて それを武器にしている。 そして、男のだまし方、落とし方も知っている 魔性の女という感じ。 今まで、自分が甘えれば、望むものは手に入り 男はなんでもしてくれたんだろうなあ、 という印象。 確かに、見た目は結構可愛いけどさ、 こんな性格でいいのかー?! でも実際こういうわがままな娘が好きな人も多いのも事実。 私が男だったらこんな女は絶対嫌やわ!! 裏表が恐ろしいわ! というか友達でも嫌じゃ!! 今日限りやからまだ我慢するけどさ。 超うんざりながらも とにかく「仕事を教えるのは最後の義務」なので 出来る限りの事はたたきこむ。 が、本人がどれくらいやる気があって教えたのかは謎。 非常に教えがいに欠ける。 あとは、場所とかマニュアルとかは 紙に書いておいた。 やるだけの事はやったはず。 後はもう知らん。 彼女の努力次第。 この職場で果たしてどれくらい続くのかは 謎だけど、 まあ頑張って下さい。 前の人みたいに、2日で音信不通とかはやめてください。 勤務終了まであと3時間・・・ 2時間・・・ 1時間・・・ あと残り10分が死ぬほど死ぬほど長く感じた。 終わったーーー!!! 嬉しすぎて泣きそうになった。 ロッカーの鍵を渡し、店を出て 外を歩いていると 無意識に鼻歌を歌っている自分。 友達から、 「勤務終了おめでとう!今夜は祝杯をあげておくれ!」 というメールが。 そうか、そうか、そうか、 やっと やっと終わったんだ。 感無量。 ほんとに感無量。 はずかしながら、 自己満足ですが この数ヶ月の自分に拍手したい。 家に帰ると 同居人さんからも祝福の一言が。 そうかー やっと終わったんだわ;; もう明日からあそこに行かなくていいんだわ。 またも実感して涙ちょちょぎれる。 今夜は久しぶりに 実家に帰るぞ!! 実家に帰ってゆっくりしたい。 終電に間に合うように下宿先を出た。 今夜の夜は 確実に夏の夜の匂いがした。
posted by y at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3478147

この記事へのトラックバック

2005年04月30日

任務終了の日

最後の仕事の日。

ずっと待ち侘びた契約満期の日。

 

何回もカウントダウンして
あと何日・・・

あと何日・・・

と唱え続けた日。

 

ついにその日が来た。

 

>>以下

tuketasi ・任務終了の日 今日が本当に待ちに待ちに待ちにまって 夢にまでもみた任務終了の日。 無事(ではないけど)この日を 迎えられるとは、 いろんな意味で感無量。 はずかしながら、自分に万歳したい気分である。 ほんとに、今までいろんな事があって、 何回も 何回も 数百万回も「辞めたい」と思ったけど なんとか 最後までやり遂げることが出来る。 ここまでくれば、 もう、最後は意地だった。 日々の苦痛よりも とにかく「最後までやった」という 達成感がただただ欲しかった。 そのためだけにここまでやってきたようなもの。 そしてついに最後の日。 今まで、 朝が、仕事に行くのが、 死ぬほど憂鬱で、朝日が赤札のように思えていたけど 今日は 白く見えた。 最後だ。 今日は何をいわれても流していよう。 よっしゃー 気合を入れて仕事場にいくと、 意外にもいつものメンバーに加え、 私の派遣元の会社から次の子が来ていた。 最後に、この子に引継ぎさえすれば 任務終了だと、 今日一日はこの子に仕事を教えることに全てを捧げる。 が、しかしこの子が結構クセのある子で。 19才フリーター、ギャル。 別にギャルは嫌いじゃない。 しっかりしたギャルもいるし。 しかーし、この子、なんというか、 山口もえと愛内里名を足して割ったようなイメージ。 (ファンの人ごめん) とにかく、なんというか、 ちょっとでも嫌な事は”え〜めんどくさーい〜、やって?”みたいな 感じで上目使いで見てくる。 過去、こうして男を落としてきたのだろうけど、 なんで、仕事の引継ぎで、教えている私(女)が この子に上目使いで駄々こねられなあかんのだ。 でも、今日が最後、最後と 念仏のように唱え、 「この子に教えさえすれば私は開放される」という 望みだけを信じて、 いろいろと繰り返し教える。 が、しかし、 「いっぱい言われても困るーー、私疲れた〜」 とか言いだす。 「でも、明日からは私おらんし、  **会社の担当はあなた一人なんやし、出来るように ならな自分が困るねんで。」 といってるのに、 「えーーでもーだって始めてだしー」とかいう。 始めて出来ないのは当たり前やけど、 こいつは覚える意志があるのか!! この職場、他会社担当の周りは全員ベテラン だし、初心者がどのように扱われいびられるかは、 過去聞いてきた話&自分の実体験を元に考えると この子が今後どうなるのかは 考えるだけでも恐ろしい。 すでに、この新人が初心者だと聞いた周りの目は 非常に冷たい。 あーあ、もう、知らんでー(恐怖) お昼休みになって、やっと開放されるかと 思いきや、 「え〜どこ行くんですか〜私も付いてきますぅぅぅ〜」とかいう。 いや、でも休憩時間くらいは自由やろ; 休憩の時に、近くのデパートの屋上でのんびりするのが 私の唯一の楽しみなのに。 あー困った。 しかも、「私、ロッカー室に忘れ物したんでついてきてくださーい」 とかくねくねしながら言う。 シャラッープ!! ロッカー室はすごく離れている建物にあるので 仕方なくそこでお昼を一緒にとるしかない。 くそーー うんざりしながらも「最終日だし円満に終わりたい一心」で 付きあう。 なに、この子、もしかして「一人じゃトイレにもいけなーい」 ってタイプの女の子? ひやー もっとも苦手なタイプ!! 長時間、身近にいると痒くなるわ。 んでもって、 休憩室。二人きりになると 突然その子はタバコをスパスパ吸いだし、 「私思うんだけど〜、++売り場のあの女、  あの人がレジにいるより私がいるほうが一般受けすると思うんだけど〜」 とか恐ろしい事を言いだす!!! は?!さっきまでの 「いじいじ、上目使い」っぷりはどこにいったの? しかも、もうタメ語な訳?!?! ひーー!!! うっっざーーー!! “女の怖さ”、 大爆発という感じ。 しかもしかもいきなり、 ”同階の別売場の女の子より私の方が上よ”、発言。 “自分がどうやれば可愛く写るか”を知っていて それを武器にしている。 そして、男のだまし方、落とし方も知っている 魔性の女という感じ。 今まで、自分が甘えれば、望むものは手に入り 男はなんでもしてくれたんだろうなあ、 という印象。 確かに、見た目は結構可愛いけどさ、 こんな性格でいいのかー?! でも実際こういうわがままな娘が好きな人も多いのも事実。 私が男だったらこんな女は絶対嫌やわ!! 裏表が恐ろしいわ! というか友達でも嫌じゃ!! 今日限りやからまだ我慢するけどさ。 超うんざりながらも とにかく「仕事を教えるのは最後の義務」なので 出来る限りの事はたたきこむ。 が、本人がどれくらいやる気があって教えたのかは謎。 非常に教えがいに欠ける。 あとは、場所とかマニュアルとかは 紙に書いておいた。 やるだけの事はやったはず。 後はもう知らん。 彼女の努力次第。 この職場で果たしてどれくらい続くのかは 謎だけど、 まあ頑張って下さい。 前の人みたいに、2日で音信不通とかはやめてください。 勤務終了まであと3時間・・・ 2時間・・・ 1時間・・・ あと残り10分が死ぬほど死ぬほど長く感じた。 終わったーーー!!! 嬉しすぎて泣きそうになった。 ロッカーの鍵を渡し、店を出て 外を歩いていると 無意識に鼻歌を歌っている自分。 友達から、 「勤務終了おめでとう!今夜は祝杯をあげておくれ!」 というメールが。 そうか、そうか、そうか、 やっと やっと終わったんだ。 感無量。 ほんとに感無量。 はずかしながら、 自己満足ですが この数ヶ月の自分に拍手したい。 家に帰ると 同居人さんからも祝福の一言が。 そうかー やっと終わったんだわ;; もう明日からあそこに行かなくていいんだわ。 またも実感して涙ちょちょぎれる。 今夜は久しぶりに 実家に帰るぞ!! 実家に帰ってゆっくりしたい。 終電に間に合うように下宿先を出た。 今夜の夜は 確実に夏の夜の匂いがした。
posted by y at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3478147

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。