2005年04月30日

■PRICE LESS

....





稼いだお金・・・約60万

辞めたいと思った数・・・100万回。

朝が来るのが恐怖だった夜・・・数えきれず。

実家に逃げ帰った数・・・多数

友達に電話した数・・・?

友達にメールした数・・・多数。

社会の汚さに絶望した数・・・6回

業務用トイレで泣いた数・・・5回

売り場の影でこっそり泣いた数・・・2回

トイレの壁を蹴った数・・・3回位

昼夜連勤で体を壊した数・・・数回

不眠&過眠・・・何回

暴飲暴食・・・何回

やけ酒・・・数回

自己嫌悪になった数・・・数えきれず

自立神経失調症になった数・・・1回

病院に通った数・・・2回

終了の日をカウントダウンした数・・・数えきれず。





この経験で得た耐えるという事と、

やり遂げれた達成感。   
・・・PRICE LESS


                 

                






.
posted by y at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

任務終了の日

最後の仕事の日。

ずっと待ち侘びた契約満期の日。

 

何回もカウントダウンして
あと何日・・・

あと何日・・・

と唱え続けた日。

 

ついにその日が来た。

 

>>以下

tuketasi ・任務終了の日 今日が本当に待ちに待ちに待ちにまって 夢にまでもみた任務終了の日。 無事(ではないけど)この日を 迎えられるとは、 いろんな意味で感無量。 はずかしながら、自分に万歳したい気分である。 ほんとに、今までいろんな事があって、 何回も 何回も 数百万回も「辞めたい」と思ったけど なんとか 最後までやり遂げることが出来る。 ここまでくれば、 もう、最後は意地だった。 日々の苦痛よりも とにかく「最後までやった」という 達成感がただただ欲しかった。 そのためだけにここまでやってきたようなもの。 そしてついに最後の日。 今まで、 朝が、仕事に行くのが、 死ぬほど憂鬱で、朝日が赤札のように思えていたけど 今日は 白く見えた。 最後だ。 今日は何をいわれても流していよう。 よっしゃー 気合を入れて仕事場にいくと、 意外にもいつものメンバーに加え、 私の派遣元の会社から次の子が来ていた。 最後に、この子に引継ぎさえすれば 任務終了だと、 今日一日はこの子に仕事を教えることに全てを捧げる。 が、しかしこの子が結構クセのある子で。 19才フリーター、ギャル。 別にギャルは嫌いじゃない。 しっかりしたギャルもいるし。 しかーし、この子、なんというか、 山口もえと愛内里名を足して割ったようなイメージ。 (ファンの人ごめん) とにかく、なんというか、 ちょっとでも嫌な事は”え〜めんどくさーい〜、やって?”みたいな 感じで上目使いで見てくる。 過去、こうして男を落としてきたのだろうけど、 なんで、仕事の引継ぎで、教えている私(女)が この子に上目使いで駄々こねられなあかんのだ。 でも、今日が最後、最後と 念仏のように唱え、 「この子に教えさえすれば私は開放される」という 望みだけを信じて、 いろいろと繰り返し教える。 が、しかし、 「いっぱい言われても困るーー、私疲れた〜」 とか言いだす。 「でも、明日からは私おらんし、  **会社の担当はあなた一人なんやし、出来るように ならな自分が困るねんで。」 といってるのに、 「えーーでもーだって始めてだしー」とかいう。 始めて出来ないのは当たり前やけど、 こいつは覚える意志があるのか!! この職場、他会社担当の周りは全員ベテラン だし、初心者がどのように扱われいびられるかは、 過去聞いてきた話&自分の実体験を元に考えると この子が今後どうなるのかは 考えるだけでも恐ろしい。 すでに、この新人が初心者だと聞いた周りの目は 非常に冷たい。 あーあ、もう、知らんでー(恐怖) お昼休みになって、やっと開放されるかと 思いきや、 「え〜どこ行くんですか〜私も付いてきますぅぅぅ〜」とかいう。 いや、でも休憩時間くらいは自由やろ; 休憩の時に、近くのデパートの屋上でのんびりするのが 私の唯一の楽しみなのに。 あー困った。 しかも、「私、ロッカー室に忘れ物したんでついてきてくださーい」 とかくねくねしながら言う。 シャラッープ!! ロッカー室はすごく離れている建物にあるので 仕方なくそこでお昼を一緒にとるしかない。 くそーー うんざりしながらも「最終日だし円満に終わりたい一心」で 付きあう。 なに、この子、もしかして「一人じゃトイレにもいけなーい」 ってタイプの女の子? ひやー もっとも苦手なタイプ!! 長時間、身近にいると痒くなるわ。 んでもって、 休憩室。二人きりになると 突然その子はタバコをスパスパ吸いだし、 「私思うんだけど〜、++売り場のあの女、  あの人がレジにいるより私がいるほうが一般受けすると思うんだけど〜」 とか恐ろしい事を言いだす!!! は?!さっきまでの 「いじいじ、上目使い」っぷりはどこにいったの? しかも、もうタメ語な訳?!?! ひーー!!! うっっざーーー!! “女の怖さ”、 大爆発という感じ。 しかもしかもいきなり、 ”同階の別売場の女の子より私の方が上よ”、発言。 “自分がどうやれば可愛く写るか”を知っていて それを武器にしている。 そして、男のだまし方、落とし方も知っている 魔性の女という感じ。 今まで、自分が甘えれば、望むものは手に入り 男はなんでもしてくれたんだろうなあ、 という印象。 確かに、見た目は結構可愛いけどさ、 こんな性格でいいのかー?! でも実際こういうわがままな娘が好きな人も多いのも事実。 私が男だったらこんな女は絶対嫌やわ!! 裏表が恐ろしいわ! というか友達でも嫌じゃ!! 今日限りやからまだ我慢するけどさ。 超うんざりながらも とにかく「仕事を教えるのは最後の義務」なので 出来る限りの事はたたきこむ。 が、本人がどれくらいやる気があって教えたのかは謎。 非常に教えがいに欠ける。 あとは、場所とかマニュアルとかは 紙に書いておいた。 やるだけの事はやったはず。 後はもう知らん。 彼女の努力次第。 この職場で果たしてどれくらい続くのかは 謎だけど、 まあ頑張って下さい。 前の人みたいに、2日で音信不通とかはやめてください。 勤務終了まであと3時間・・・ 2時間・・・ 1時間・・・ あと残り10分が死ぬほど死ぬほど長く感じた。 終わったーーー!!! 嬉しすぎて泣きそうになった。 ロッカーの鍵を渡し、店を出て 外を歩いていると 無意識に鼻歌を歌っている自分。 友達から、 「勤務終了おめでとう!今夜は祝杯をあげておくれ!」 というメールが。 そうか、そうか、そうか、 やっと やっと終わったんだ。 感無量。 ほんとに感無量。 はずかしながら、 自己満足ですが この数ヶ月の自分に拍手したい。 家に帰ると 同居人さんからも祝福の一言が。 そうかー やっと終わったんだわ;; もう明日からあそこに行かなくていいんだわ。 またも実感して涙ちょちょぎれる。 今夜は久しぶりに 実家に帰るぞ!! 実家に帰ってゆっくりしたい。 終電に間に合うように下宿先を出た。 今夜の夜は 確実に夏の夜の匂いがした。
posted by y at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

NEWS23

・筑紫徹夜の偉大な一言

今日、NEWS23で筑紫哲也がすごくいい事を言っていた。
列車事故から、考える日本の「時間完璧観念」と
それを遂行しなければいけない風潮が故に、義性となっている事。
そして、その観念自体がもはや正しいのかどうか、という疑問。

みたいなこと。
詳しく書きたいけど時間無いので。
posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

余命という考え

JRの事故。


うちの学校の学生が亡くなった。




人間の命は儚い。

そして未来は「予測できない」


人間だれしも、自分の未来を疑ったりはしない。
自分には10分後があり、明日が来て、
そして将来がある。
そんなことを当たり前だと信じ、今の時間を過ごしている。

それが 思い込み だってこと
に気付かされた。

前にも思った、「10年後の自分」を
想像し、語ることは、
ある意味 傲慢でしかない。
"自分が10年後生きている"それが前提となっているから。



思い込みの持つ効力は大きい。
思い込むことは大切である。

だけど、それが"思い込み"であることを
忘れてはいけない。




明日はもしかしたら来ないかもしれない。


多分、電車に乗っていて亡くなった方全員、
自分が死ぬなんて思わなかっただろう。
 今日の授業のこと、
 これからの取引のこと、
 今日これからどうしようっかな、
そんな事を考えていたはず。

同じ日同じ時間に同じ様なことを考えていた大勢の
うちの一人として。

だけど、その大勢のうちの何人かは、そのまま生き続け
何人かは命を絶たれた。


  それが現実。


  世の中は何によって廻っているのか。
  運命を操っているものがいるんだろうか。
  それぞれの人に、
  それぞれの「途切れる日」がある。
  私にも。
  あと、「余命***日」という事実は
  生きてる生物すべてが背負っている。
  その*が、1か、10000か、
  それは途切れる時にやっと判明する。

  その時、人間
  なにを思うんだろう。
  逝く前の10秒間に何を思うんだろう。
  
  「嫌だ」「まだ死にたくない」と思うんだろうか。
   それとも「家族」や「恋人」のことを思うんだろうか。
   それとも・・・
  「そうか死ぬんだ」と受け止めれる人はどれくらいいるんだろう。
   
   拒否と許容。
   その二対の種類があるとすれば、
   今の私がもしそういう状況になれば、間違いなく前者なんだろうな。
   
   だって、まだやりたかったことがいっぱいある。
   出会いたかった人もいっぱいあるし、
   経験したかったことも計り知れず。

    そうか・・・。


    そんな事をぶつぶつと思った。
    だからなに、とか
    この考えにまとまりとか流れとかはないんだけど、
    そんな事を
    考えた。
   
  
posted by y at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

予防接種

・予防接種
今日は予防接種を受けに行くつもりだった。
やっぱり、アジア、中東、そしてボランティアとか
するなら、衛星的問題はあるだろうし、
自分がそこまで免疫が強くない家系なので
やっぱり必要かしらと思い始めて。

で、調べて、近くでやってるとこに仕事終わりに
行こうと思った。

が、しかし、昨日からだるかったのが
今日さらにしんどくなり、熱っぽくなったので
注射は止めたほうがいいかも、と思いなおしたけど、
しばらく今後GWに入るので
予防接種は2週間置きに2・3回しないと効果ない
らしいので、出発まで逆算しても
今日やっとかないともう日数がないわ。

迷いながらもとりあえず行ってみて
話だけでも、と思った。


が、
その医者と話していて、A型肝炎・B型肝炎・
破傷風・狂犬病だけでも最低必要、
できればあと日本脳炎・コレラ・ポリオなども
出来たらしたほうがいいと言われた。

予防接種はしなくても大丈夫な人もいるけど
かかってからでは遅い。
狂犬病とかは死ぬ。
保険だと思って、高いけどしときなさい。とのこと。

出発は16日だというと、
時間がないから今日しないと駄目だといわれ、
せめてA型だけでもしときなさい、
というご忠告。
「今日はでもしんどいので・・・」といったけど、
あれよあれよというまに
ベットに寝かされ腰に打たれた。
ひぃ。
でも一瞬の出来事。


この一本の注射で一万円が一瞬でブっとんだ。


予防接種は高いと聞いていたけど、
今後、予防接種をきちんとしたら、
A型肝炎 10000X2
B型肝炎 7500X2
狂犬病  5000X2
破傷風  3500X2
日本脳円 5000X2

とこれだけでも6.7万ブっ飛ぶ訳で。

これにコレラとかポリオとか
したらほんまに 「うん十万」は無くなる訳で。

確かに、「予防接種は高い」とは
聞いていたけど、こんなにかかっては
せっかく稼いだお金も全部ブっ飛ぶがな!!

ただでさえ、
準備費用に、(保険・バックパック代・バンコクまでのチケットも含め)家賃も合わせたら
すでに20マンくらいは日本で無くなって、
そこに休学費用も合わせると
ほんまに

いくら3ヶ月で60万稼いでも
実際の旅資金は半年で40万、下手すりゃ30万くらいで
カツカツになっている。
というか、ルートとか変えて高い国いかずに
安いとこで超節約しないと無理。

そんな火の車状態なのに
注射で ん十万も出せるか!!!!


無理じゃ!!!



で、でも死にたくないしなー。


と、必死で調べていると
バンコクの蛇農園で、併設している毒研究してる赤十字で
かなり安く注射が打てるらしい。l
A型で500バーツ(=1500円)

これは日本に比べかなり安い!!

決めた。
日本で打つのはやめよう。

A型も二回目はバンコクでやろう。

英語が通じるのか謎やけど
節約のためには仕方がない。てか日本高すぎ。

posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

ごはん作って♪


今日は、はたまた仕事で凹むことがあり(いつもやけどさ、今日は特に)
かつ、
原付盗難撤去疑惑?!←自分が悪いんやけど)があり、
(憐れな姿ではありましたが無事某所で保護しました。
よかった〜あたしのvinoは誰にもわたさん!)

なにかとダメージのおっきな日でした。

凹んで友達にメールしたら、
「じゃ仕事終わりにうちにきなよ〜。なんかご飯つくったげる♪」

という、マリア様的な発言が!



人様の作ってくれたご飯を食べて
感動して涙ちょちょぎれる思いでした。

あたしゃ、友達が女神のようにみえたよ。よもや天使?

やっぱ、仕事でヤな思いをしたあとに
誰かに会うのは嬉しい。
しかもご飯まで作ってくれたら、まじ嬉しい。

世のパパたちの
家に帰ったら妻のご飯が待っている。ということの
幸せさを感じました。
なるほど。
お嫁さんの力は計り知れないわ、うん。

でも、どっちかっていうと、
私は”帰ったら癒されたい”パパさん的志向なんで、
お嫁さんが欲しいっす(笑)



まったりだらだらごろごろ。
毛布はあったかいのぉ。
てかずっと体温が上がらんのよぉ。
自律神経失調症は治ったはずなんだがやのぉ。


恋ネタを話していて、
「大学生の恋」というのは
よもや、いわゆる”大人のする恋”よりか
不健全で本能的なもんかもしれないねー。
・・うちはわからんけど。
でも、そういう不完全な恋ができるのも
学生の特権なのかもしれないですねー。
ああー、いいなー、学生。
うちもキャンパスラーイフしたーーい。

あと2週間かもしれないど
恋がしたーーい。
不健全でも、してる子がうらやましーい、

なんて思いました。
でも、本人にとっては大変な問題なんですよね、ごめん。
あと、さんきゅ。
posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

やば!!

The date approaches.

やば!
今頃改めて気付いたけど、

出発まであと2週間ちょいしかないやん!!!


やばっ

やばっ

やばっっつっつ!!!!



ちょっとちょっとちょっと
準備なにもしてないわよ〜奥さんっ
(@@;)

基本的なものの
準備(荷造り)


期間がかかるもの系
やら
日数がかかるもの系はほんまにタイムリミットじゃあ・・・
なんせGWをはさむと会社系は
休みになっちゃうがな!!

やば!
ほんま、そろそろ尻に火つけて準備せなあかんわ。


って、思ってるけど
仕事帰ると毎日ぐったりなんだよぉー
あー小人さんを100人召喚したいわ!
posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

オールナイト

今夜は恒例の誕生日パーティ♪


高校からの友達3人。
それぞれの誕生日or日付越えに誕生日を祝いあう、
それが恒例になって何年目だっけ?

でもでも、毎年すごく嬉しいことで
こういう友達がいるということもとても幸せやわぁ。

今日はひろみんバースデーって
ことで、フレンチのコースを予約してました☆
なんせ22歳ってことで、ちょっと大人ムードを意識したつもりなんやけど(笑)
先月は社会人並に稼いだし、
前の誕生会は私の都合で流してしまったし、
ちょっと奮発しようと思いまして☆
普段どどどケチですが、こういうときはガツンと使いたいのです
。ていっても、hotpaperに助けてもらったけどね(笑)



最初は、コース内のデザートはティラミスって
ことやってんけど、2回目に電話したら、ボーイさんが
親身に相談にのってくれて、
「サプライズしたい」とか「ケーキ持ち込んじゃ駄目?」とか
いろいろ相談して、
なんと、ティラミスの代わりに、コックに特別に誕生日ケーキを作ってくれる
ことになった!
嬉しい!まじ、お兄さんいい人!最高やわアンタっ
「材料調達できるかわかりませんが」とか言ってたけど、
昼ごろに「バッチリです」電話が。
しかもシャンパンもつけてくれるって。いや〜素晴らしい。なんて素敵なお店。


で、夜集合して行ってみたら、
これがまたお洒落なお店でして!

真っ白な建物の中に赤い空間。
店内は壁もインテリアも椅子も赤と緑ですべてが統一されてて、
ほんわかしたライトとロウソクの炎で素敵やった。
クリスマスみたいやったよね。

コースとか普段食べないから、ちょっと緊張。
でも、少しずついろんな物が食べれて
ちょうどいい感じ☆
あの前菜良かったよね〜あんなリッチ?な前菜は初めてやったわ!


ひろみバースディ.jpg

なんかコースって自分がリッチな人になった気がしない?
カフェのフレンチやったけどすごいご満悦やったわぁ。
あ、こんなんいってる時点でビンボーくさいんかも(笑)
食べ終わったくらいに
可愛いクランベリーケーキにローソク立ててシェフが持ってきてくれた☆
ああ、ほんまお兄さんに感謝やわ。すばらしや。
この一個のためだけに買出しにいってくれた人にも感謝やわ。

食べ終わってまったり〜
ローソクの演出って落ち着くわあ。
ずっといたいわあ。
うちらも長かったけど、奥のカップルなんて多分5時間以上いたってば。

12時過ぎるくらいまで
だらだらとしゃべり続けた。
話題は近況ー恋ネタやらいろいろだけど、
一番白熱したのは日中問題。
日中政治・経済や中国、台湾の関係等。
2、3時間位はしゃべってたっけ?
ちえ、卒論できたら是非読ましてね。



ふと思ったのは、
今まで続いてきた誕生会は、来年もできるか解らないってこと。
一人は社会人、
一人は自分の国に帰っちゃうし、
私はまだ学生のまま。
みんな、もしかしたらバラバラなんかなあ。

そんなん、
さみしいわ。
一年に3度くらい集まろうやぁ。
ちえ、日本に戻ってきなさい!
国内にいる組は、京都集合にする?

今年が最後かも、っていう現実は見ない。
受け止めませんから。


日付変わってから
ひょんなことから友達の友達と合流して
成り行きでクラブへ。

場所に着いてみたら三人とも「あ!」
しかも、よく考えれば日付も「あ!」
いやー偶然なのか、なんかあるのかも。
クラブ.jpg



しばらくいたよーないなかったよーな、
外に出てうろうろしたり、
中に戻ったり
なんやかんやいって3時くらいになって
これまた
偶然会った友達も友達の知り合い(つまり初対面)に
5人揃ってバーに連れてってもらった。

そこ、かねてから行ってみたかったとこで
中に入ってもめっちゃ可愛い?というかいい感じなとこやった。
ぼんやりした赤色で統一され店内。
アメリカンなよーなポップなよーな可愛いインテリア。
あ〜めっちゃまったり。

しかも、メニューがない。オーダーメイドってやつですか?(←これいったら笑われたけど)
マスターがその人のイメージのカクテルを作ってくれた。
みんなそれぞれ、
「純粋な娘」とか「ひとすじ」な感じとか「魔性の女」とか。
で、
私はというと「男に騙される」感じ。やって。

は?はいーー?

一体どのへんが?
全然違うってば。いや、そんなんに見えへんってば。え?どゆこと?

これはびっくり。
でも友達も、「あぁ〜」とかいうし。
は?いや、ないないないない。
それおかしいって。絶対違うってば。

とか言い張ってたら、
その、友達の友達の知り合いのNさんが皆(女5人)の
それぞれの分析をしだした。

これが、すごい!
当たる!当たる!
こわいくらい深層心理をついてる! なに、この方、占師?
「オーラで読める。目を見れば解る」らしい。

で、そこから
一人ひとり見てもらった。

私の番で、




posted by y at 00:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

所得税

そーいや、こないだ先月分の
給料明細が届きました。

中を見ると、おおっ結構な額。


・・・が!!

なんでかしらんけど支給額は下がってる

「?」

よく見ると、
よくよく見ると、

所得税がひかれてるじゃあーーりませんか!!

しかも結構な額!

なんじゃあ!ちっ(怒った顔)
貧乏学生から税金こんなにとるなよっむかっ(怒り)

って思ったけど、

世のサラリーマンさん方は
毎月
この怒りとがっくりを
味わってるのですね。

すいません、
今まで適当に生きてました;
これからは
税金も視野にいれます、はい。
posted by y at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

流せる能力


あまりにも凹んで
凹みまくってる最近の私を見て
アドバイスをくれた。


「そこまで正面から受け止めるからしんどいんだよ。
 何事も
 流せるようにならなきゃ。
 そうじゃないよ、
 大げさだけど、死んじゃうよ。」

さすが、
だてに29も生きてないわ。

 流せる力。

 これ、ママにも言われたわ。

 「あんた、もっと気楽に考えることできひんの?」
  
  すべてを受け止めることは
  しんどいし、変な犠牲も払う。
  受け止めるとこは受け止め、
  流すとこは流す、
  そのメリハリが大事。

  だと言っていた。


    

  ケセラセラに生きなさい。って。


  ケセラセラねぇ・・・・
  誰もしたくて悩んでるんじゃないのーっ
posted by y at 01:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

犠牲と獲得

また仕事関係で泣いてしまいました。



でも今回はいつもと違う。
悔し涙とやりきれなさとどうしようもなさと、
自信喪失と、とにかく
いろんなものがこみ上げてきて

めちゃくちゃ号泣してしまった。

しかも、外で、道を歩きながらだし
連れ違う人はびっくりしてるし。
そのうち歩けなくなって自販機の前で散々泣いた。




はあ〜

あ〜ぁ〜


どうしたものか。


もう、どうしたらいいんだろう。
どうしろっていうねん。



ぁ〜ぁ〜ぁ〜ぁ〜

せっかくやっと復活出来たと思ったのに、
また振り出しに戻る。
否、奈落の底に堕ちる。




はぁ。

もうため息。


人の印象とかイメージって一度付いたものは
そう簡単には変えることはできないだわ。
諦めも大事なのかも。

非力だ。

それか、根性がないのか。

でも、これ以上どうしたらいいんだろう。

行き止まりだわ。






ここまで仕事やバイトで状況が悪化することなんて
今までなかったし。

高校時代からいろんなバイトやってきて、
住み込みも掛け持ちも
リゾバもありとあらゆるバイトしてきたし、
その分、年齢や背景や性格や価値観が違う
多種多様な人と出会ってきたし、
そしてそれぞれの状況で上手いことやってこれたし、
どっちかというと人より
そういうなん上手い、世渡り上手という
自信はあった。

けど、
ここにきて、そんなんもこっぱみじん。

人間と人間の仲には
合う合わないがあるとはいうけど、
それ
ほんまにほんまに大事なことやわ。

自信喪失。




これ、もう
生き地獄。




だけど、あともうちょっとだし、
もうちょっとなんだから、
もうちょっと・・・
そう何回も何回も言い聞かせて耐えてきた。

カレンダーなんで何千回も見たし、
手帳も残りの出勤日を何回も数えた。

割り切って。
割り切って。
せめてこれ以上目つけられないように
目立たないように
気配をできるだけ隠してやってきた。

人格を否定されるよりかは、存在に気付かれないほうがマシ。

相手の機嫌をうかがって、
うまく読んで
とりあえず何にしてもシタテに出るように
歯向かわずに、
ハイ、 と受け止める。
歯向かわない。
散々いわれて、こっちがへこんだら
相手は気が済むわけだし。
多分それで気晴らしになるんだろうし。
シタテに
シタテに
下に腰を低く
とにかく仕事だと思って割り切って耐える。

で、
その分の発散を
仕事以外の時間を充実させて発散させる!


そうやってバランスを取ってきたけど、
今日はついに
今までのが溜まり積もって切れそうになった。
逆切れしかけた。
したら、火に油を注いだようで。

理不尽だとは思うけど、
悔しい悔しい悔しすぎるけど
ここは自分が折れないと。。
と思って、
帰ってから「謝り」の電話をした。
けど、
「また今度にして」系。





はー
自分の妥協も頑張りも 
なんかうんざりした。
何かを一つ諦めたわ。




でも、
今日はこんな惨事のおかげで
いい言葉をもらった。

派遣元の方から。

「そんな生き地獄なら
無理せんでもいいで。ここまで頑張ってきたんだし、
プライドとかいいから、辞めてもいいと思う。

だけど、
人間何度かは歯を食いしばって
耐えなあかん場面もある。

その時は辛いけど
それをやりきった、上りきったとき、
自分に対して何か大きなもの、
ひとつの「自信」が手に入る。」



そう、「自信」

私が一番欲しいもの。
そして自分に欠けてると思うもの。

今年の目標は少しでも自分を好きになること、自信をもつこと。だったはず

あと、2週間。

ここでやめると
生き地獄からの開放を得る
と、ともに失う何か。
そして
失うだけじゃなく、今度きっと
同じような状況になったとき
「あの時途中で逃げだした」というマイナスな記憶、
リフレイン。
今回もやりきれるのか、
また同じことになるんじゃないか、という不安要素。
そういうなんがずっとついてまわるだろう。


それが何より
一番怖い。
そして、それは嫌。
今まで頑張ってきた理由。




逆境に弱い自分が嫌だった。
もっと強いひとになりたい。精神的に。
根性つけたい。



今日あんな終わり方したから
明日仕事行くのが相当きまづい。
またお腹痛くなりそう。
だけど、明日休んだら、もっといきづらくなる。


今辞めたら、もっと弱くなる。
もっと自信をなくす。
もっと自分を嫌いになってしまう。




ここまできたら、
お金とか旅資金とか、建前とか
人の目とかそんなんじゃなくて、

自分の意地と「自信」のために
やりきりたい。


頑張るしかない。
耐えるしかないか。




数週間の楽と
今後何十年も持っていける自信、
どっちをとるかは自分次第。


そして、
4月30日。
やりきったとき、自分を褒めたい、
祝杯だわ。


多分、
ちいさなことかもしれないけど
一つの私の今後の人生に影響をあたえると思う。







多くの犠牲を払って
得られた何かは
きっと計り知れないものになる。


と信じて 
乗り切ろう。



あー明日が嫌だけど。
posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

交差点

車の中で聞いた曲
ケツメイシのさくら
アンダーグラフのつばさ
森山直太郎の春
中島ミカの桜色舞うころ
ケツメイシの涙
ケツメイシの花鳥風月
etc...




その他いっぱいあったけど、
なぜかすごくシンクロしたのはアンダーグラフの曲ツバサ。





”明け方過ぎの国道までの
細い抜け道 君が呟く
「恐いものなど何も無いよ」と
見送る為の言葉に
涙流れた

つまらぬ事で話は絶えず 
散らかる部屋で笑いあえてた
夢追う事に恐れは無くて 
生まれた街とサヨナラ決めた

「いつか会いに来る」と
「いつも忘れない」と
手を振る君の瞳も 
言えずにココロの中で誓う

旅立つ空に 
出会いと別れ 
青春の日々 
全てを描き
いつか互いに大きな花を 
綺麗な花を咲かせまた共に笑おう

あの日を胸に 
あて無く続く道は眠れぬ夜と連なる

叶いかけた夢と 
紡ぎだした文字の
狭間で揺れるのは 
気紛れ 日替わり 時計の針

流れる雲に明日を誓えど 
置いてかれてる不安はよぎる
その度君を 君の言葉を 
思い返して 
涙集め声枯らす

今も信じているよ 
いつも忘れないよ
手を振る君の瞳を 
帰らぬ儚き蒼き日々を

旅立つ空に出会いと別れ 
青春の日々全てを描き
いつか互いに
大きな花を 綺麗な花を
咲かすと決めた

変わらぬ空に 
君を映して 
上手く飛べたら 高く飛べたら
ツバサ広げて 
秋風越えて 
夢を手にして
会えたなら共に笑おう
会えたなら共に笑おう”(ツバサ/アンダーグラフ)



歌詞がいい。とてもマッチ。












多分きっと、
この人にはもう会うことはないだろう。


「次に日本を出るときは、日本を捨てる覚悟だから」
そういっていた。




そっか。



私が日本を出て、そして帰ってくる頃には
この人はもういない。

そして多分帰ってこない。
これからまた会うこともないんだろう。

人それぞれ、進むべき道は違う。
その交差点で
偶然出会ったのなら
人の縁は不思議な必然かもしれない


でも私は日本は捨てない
し捨てれない
帰る場所はここだと思ってる
日本が好きだし
京都が好きだし
外国へ一時期行ったとしても
将来拠点を据えるのは日本でありたいし
日本人が好きだし
旦那さんも日本人がいい。
そして最期は日本で死にたいを思う。



だけど、
世の中には「ここじゃない」と感じる人がいるのは事実。
ならば
その人に一番合う国、街が見つかればいいな。




二人、
同じ旅に出る者同士ではあるけど
行き先も出発時期も目的も
背負うものも旅の重みも目的地も違う




「もう会えるのこれが最後かもね」
「そうだね」




家まで送ってもらって
最期に
お互いのGood luckを願って
握手をして別れた。



一体、なんだったのか、
突然やってきて
月光仮面のように去っていった車

やっぱり、
数日間毎日毎日一緒に遊んだら情が移るのか
一人になって普段の生活を再開すると
不覚にも寂しくなった。









この人の行く末に幸あることを願う。





posted by y at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時の流れ




満開の桜の下で
並んで座って落ちてく花びらを見ていた。

お互い何もしゃべらなかった。

沈黙。


ふと、
隣の人は何を考えてるんだろう。と思った。


一瞬だけ
ちらっと盗み見した。

前を向いて遠くを見てた。


私にはこの人が何を考えてるのか
分からなかった。


そして私が考えてることは
この人にはわからないんだろう。

所詮人間、
他人の心は解らないものなんだ。と感じた。
何を見て
どう感じているかなんて、
それぞれ違う人間なんだから同じように解るはずない。


ちょっと悲しいけど
当たり前なことで正直な事実。



どうしようもないんだわ、
と思った。




以前、昔は恋愛感情がなかった訳じゃない。
だけど
今更そういう目で見てはいけない気がする。

多分、お互いそう思ってる。
意識して、そうしている。




もっと近くに住んでたら、
もっと早くに会ってたら、
とか思ったりしたことあったけど
そんなん思ったとこで
どうしようもないし、今の関係が正しいんだと思う。



「縁」とは時期とタイミングが全て
って誰かいってたけど、
わかる気がする。

もう今更
どうしようもない。
気持ちも
時と共に変化してるわけだし。
私の気持ちも
もうあの時のままじゃない。



結局今思えば
お互い
友達のままで一番良かったんだ。
そのほうが無くすものはないし。

深くは望んじゃいけない。

夜の道で
一瞬触れた手を
お互い何もなかったように
引っ込めた



それに
今更どうしたとこで
どうなるってもんじゃない。
冷めた気持ちは
昔のようには戻らない。
もう友達としてしか見れないように
どっかで組み込まれてる。



そしてもう
それぞれ
自分の道を選んでしまった。
これから
進む道も
行き先も

違う。


そう気付いて

やっぱり黙って
落ちてく花を見た。














posted by y at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終日

さて、今日は最後の日って、ことで
私もオフだし、どこいこっか?ってなった。

で、結局初日にいった、京北の神社の桜が満開じゃなかったから
ちょっと名残惜しいってことで、また行ってきました。

人が多かったけど、桜、花吹雪がすごかった。

帰りに竜安寺も寄った。

竜安寺は取材で行ったこともあるし、すごい好き。
「ワレタダタルヲシル」の紋章もかなりいい。
これ、いい。うん、いい。

なんだかんだいって、修学旅行生とか観光客が
どこに行ってもいる。まあ、ベストシーズンだし仕方ないか。
でももうちょっと静かに見れたらなあ、と。

で、最後に、昨日私が仕事してる間に、
いろいろ散歩してて
歩いてて見つけた、という街中の小さな神社にいった。

隠れ家のような穴場なとこだった。

こじんまりしてるけど
誰も人がいなくて、
静かで、
境内を一面桜が覆ってて、常に花びらが
ハラハラ散ってて、
都会からこの空間だけ切り離されたような気分になる。

ここは落ち着く。

ずっと、ここにいたいと思うような
不思議な空気が流れていた。


黙って
祭壇の前に座って
散っていく花を見ていた。

長い間。

 

+最後の最後に
京都を一望出来る山に登った。
石段を登りきると、そこからは市内が見渡せた。

これでお別れ。

 

これから、静岡の友達のとこに行くらしい。

バイバイ。
私、京都人のくせに、全然実は寺いったことなくて
(実はまだ金閣寺も銀閣寺もない)
でも今回いろんなとこに廻れてよかった。
それに、しばらくは
仕事の嫌なことも忘れられたし。

 

さんきゅ。

 

 

 

posted by y at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

ファミレス

今日は、輩系や
あと、いちゃもんつけて怒鳴るおじさんとか
何かと客層が悪く、
もうぐったりです。

ガラ悪いおっさんなんか、
契約で免許書コピーする際に、
「お前、個人情報漏れたらどうなるかしってるんか!
 もう、流れてみろ、おまえ刑務所ぶちこむぞ!」
とかわめくわめく。
あーうるさい。

「シュレッダーかけますから、安心して下さいね」
と何回も丁寧に言ってるのに。
なに興奮してんねん、おっさん。

多分、こーゆー人とか
誰かにケチつけるために来たんやろうけど、
はーもう人に当たり散らすなっ

周りのお客さんもびっくりしてるし。

はーほんま、世の中には
まじうんざりな人もいっぱいいるもんだわ。

 

仕事終わってから迎えに来てもらって
夜のねねの道とか高台寺公園とか
円山とか祇園とかぶらぶらしました。

やっぱり、仕事で嫌な気分になっても
その後で誰かに会うと気も紛れる。よかった。

祇園で、おいしくて安いとこ探そうってなって、
2時間くらい探してたけど、
私の方向音痴っぷりに相手もキレて
結局ファミレスにいく羽目に。
でも二人揃ってファミレスに感動。
うまい!とか
こんな低料金でこんだけ豪華なものが出せるなんて!
とか、もう絶賛。
ファミレスをなめちゃいかんわ。
京都に来て一番落ち着いたとこがファミレスや、
とか言ってるし。

でも、連日の疲れと風邪としんどさと風邪薬が
たたって、豆乳鍋食べながらすごい睡魔に襲われ
スプーン持ちながら寝てた。
それも我ながらすごいと思うけど、
起きたら私の分も全部食べてた相手もすごいわ。

だらだらして プリクラとったり ちょこちょこ遊んで 深夜4時くらいに別れた。
ねむー
明日起きれるかなあ。

posted by y at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

夜の二条城

今日は土曜でめちゃくちゃ忙しくて
仕事もしんどくて声が枯れてしまい、
しかも且つ風邪を引いてしまったみたいで
特に鼻がひどくて、息するのもやっとってくらいです。薬効かないし!おい!

仕事終わりに二条城のライトアップに行ってきました。

めちゃめちゃ綺麗。
すっごく家近いくせに今まで城の中に入ったこと
なかったんだけど、
特別夜間拝観の時期に入れて嬉しい。
やっぱ城やお寺は夜がメインですわ。うん。

posted by y at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

drive

昨日の晩、関東の友達が
「京都の桜が見たい」とかいって
突然遊びに来ました。


どうも、桜時期を狙ってたみたいで
確かに桜シーズンにはベストタイミングだけど、
またもや急な。
うち仕事あるってば。予定もあるってば。

って、この人には通じないか(笑)

それに、私も仕事関係で落ち込みすぎてて、
なんとか気を紛らわせたかったし、
そのために無理に予定をいれようとしてた
この頃だったから、
ちょうど良かった。
気晴らしになるし。


しかも、車できはった。
はあ?とか思ってたけど、
ほんとに来た。
「だって宿代浮くし、車やと移動費もかからんし」

確かに、車に
寝袋とか生活物積み込んでて
動く部屋みたいになってた。

あら、すごいわ。

それで結局、この人4泊とも最後まで
車で寝泊りしてたし。
しかも疲れるでもなく快適そうやったし。
いや、人間なんでも出来るもんなのね。

今日はオフだったし、
予定も夜からだったので急遽、
市内から車で2時間とかかかる土田舎の
桜の穴場で有名なとこいってきました。

帰りは嵐山とか寄って、
あードライブっていいな〜なんて思った。

   


   

posted by y at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

自販機-

image/sakamaki-2005-04-14T02:02:37-2.jpg

へんなもんみっけ。

路地の怪しげな駐車場の自販機にて。
キットカットのジュース?とか初めてみた。

あと、茶を被せるらしいよ。

teaにソーダってのもいかがなもんかねぇ。

でもおもしろいので座布団2枚。
posted by y at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RINGY

友達から

私に似てる外国の歌手がいる、って
いわれて画像を送ってもらいました。

このお方。。
リンジーローバン.JPG


Ringyローハンという方らしいです。


に、似てね〜〜〜〜!!!!!!あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

これは、わたし、リンジィのファンに袋叩きに合うと思うんですけど。
ほんとに、ほんとに、
ファンに殺されるっ
もしくは、抹殺されちゃうじゃんッ


でもちょっとうけた(笑)
サンクス☆

パーツとかは
似た部分もあるかもやけど、
あと10キロくらいやせないと似ても似つかないわー;;
あららら。
がんばるわよっ
posted by y at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

polite fiction

後輩とメールをしていて、
「3ヶ月で60万!やばいです。偉大です。中略。
 なんか*さんの話聞いてたら
いつも頑張らねばとやる気が触発されます!」
といった系のメールを頂きました。

 

いやいやいや、
それは大いなる誤解です。
確かに3ヶ月60万稼ぎましたが、それと引き換えに
体も精神的にも壊れて、精神科に通うというこの弱さ、
根性も忍耐力もない駄目駄目っぷりです。
全然頑張れてないです。


時々、彼女からは
お世辞としてお褒めの言葉をもらいますが、
それも大いなる誤解です。

見よ、私のこの駄目っぷりを!!
この日記を見たら、引くに違いない!(笑)




それ以外にも
たまに友達からとか知り合いからとか
「頑張ってるねー」とか言われます。
その度に
罪悪感でいっぱいです。

実際は全然頑張れてないのに・・・。

はて、
こんな駄目ダメなのに、
なんで時に人からこんなに褒めてもらえたりすんだろう、
と考えると
それは「タテマエ」で取り繕ってるからなのでしょうか?。

例えば、
たまにしか会わない友達とか、
後輩とかの前では見栄を張って、
いい事ばかりを並べてしまうからなのかも。

見栄っ張りなんでしょうか。


実際はこんなに
ふにゃふにゃで根性もなくて
ネクラでだらしなくて適当なくせに。
人にはいい顔しちゃってるのでしょうか。


うわあ、そんな自分が嫌!
かといって、ありのままの自分の弱さを
全ての人に曝け出すなんて
恥ずかしくて出来ません!

タテマエと実際のギャップがない人って
羨ましい。どうやってるんだろ。



大学に入ってから、
"偉大な人""尊敬する人"にたくさん会った。
その方たちは、
自分でサークル立ち上げたり、イベント主催したり、
コーチングの場を設けたり、
学友会会長をひょいとやってのけたり、
自分の信念を貫いたり、学生団体頑張ったり、
あと私に数々の名言をくださり、
ほんとに
心から「スゲー!」と思える方たちで、
憧れの存在でもあった。

いつか私も、そういう風になりたい、と思った。

だけど、
その方達のようにはなれない、と気付いた。

根本的に何かが違うんだわ。
と、いうことに気付いた。

じゃあ、どうすればいいのか?

と考えて、他人のようにはなれなくても
自分は自分なりに精一杯頑張るしかない。
という結論に出た。
do my best.
それで尊敬する人に手が届かなくても、
それはそれで仕方ない。
自分のbestのレベルが低くても、
自分のベストには変わりないんだし。
他人と比べるもんじゃないわ。
人それぞれ、得意分野が違うのも仕方ないし、
自分の得意とするとこを伸ばすしかない。

そして、あと自分に出来ることといったら、
特に、タテマエだけで付き合いたくないと思う相手には、
自分の素性を誤魔化さないでちゃんとさらけ出すこと。


そういう体当たりしかないのです。

と思った。




だから、
その後輩にも
いつか私の素性と駄目っぷりをあかそうと思った。

だって、好きな後輩やし。

タテマエで取り繕って先輩面してても
仕方ないし、
そうしている以上、
そこにはなにも生まれないと思った。






posted by y at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月30日

■PRICE LESS

....





稼いだお金・・・約60万

辞めたいと思った数・・・100万回。

朝が来るのが恐怖だった夜・・・数えきれず。

実家に逃げ帰った数・・・多数

友達に電話した数・・・?

友達にメールした数・・・多数。

社会の汚さに絶望した数・・・6回

業務用トイレで泣いた数・・・5回

売り場の影でこっそり泣いた数・・・2回

トイレの壁を蹴った数・・・3回位

昼夜連勤で体を壊した数・・・数回

不眠&過眠・・・何回

暴飲暴食・・・何回

やけ酒・・・数回

自己嫌悪になった数・・・数えきれず

自立神経失調症になった数・・・1回

病院に通った数・・・2回

終了の日をカウントダウンした数・・・数えきれず。





この経験で得た耐えるという事と、

やり遂げれた達成感。   
・・・PRICE LESS


                 

                






.
posted by y at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

任務終了の日

最後の仕事の日。

ずっと待ち侘びた契約満期の日。

 

何回もカウントダウンして
あと何日・・・

あと何日・・・

と唱え続けた日。

 

ついにその日が来た。

 

>>以下

tuketasi ・任務終了の日 今日が本当に待ちに待ちに待ちにまって 夢にまでもみた任務終了の日。 無事(ではないけど)この日を 迎えられるとは、 いろんな意味で感無量。 はずかしながら、自分に万歳したい気分である。 ほんとに、今までいろんな事があって、 何回も 何回も 数百万回も「辞めたい」と思ったけど なんとか 最後までやり遂げることが出来る。 ここまでくれば、 もう、最後は意地だった。 日々の苦痛よりも とにかく「最後までやった」という 達成感がただただ欲しかった。 そのためだけにここまでやってきたようなもの。 そしてついに最後の日。 今まで、 朝が、仕事に行くのが、 死ぬほど憂鬱で、朝日が赤札のように思えていたけど 今日は 白く見えた。 最後だ。 今日は何をいわれても流していよう。 よっしゃー 気合を入れて仕事場にいくと、 意外にもいつものメンバーに加え、 私の派遣元の会社から次の子が来ていた。 最後に、この子に引継ぎさえすれば 任務終了だと、 今日一日はこの子に仕事を教えることに全てを捧げる。 が、しかしこの子が結構クセのある子で。 19才フリーター、ギャル。 別にギャルは嫌いじゃない。 しっかりしたギャルもいるし。 しかーし、この子、なんというか、 山口もえと愛内里名を足して割ったようなイメージ。 (ファンの人ごめん) とにかく、なんというか、 ちょっとでも嫌な事は”え〜めんどくさーい〜、やって?”みたいな 感じで上目使いで見てくる。 過去、こうして男を落としてきたのだろうけど、 なんで、仕事の引継ぎで、教えている私(女)が この子に上目使いで駄々こねられなあかんのだ。 でも、今日が最後、最後と 念仏のように唱え、 「この子に教えさえすれば私は開放される」という 望みだけを信じて、 いろいろと繰り返し教える。 が、しかし、 「いっぱい言われても困るーー、私疲れた〜」 とか言いだす。 「でも、明日からは私おらんし、  **会社の担当はあなた一人なんやし、出来るように ならな自分が困るねんで。」 といってるのに、 「えーーでもーだって始めてだしー」とかいう。 始めて出来ないのは当たり前やけど、 こいつは覚える意志があるのか!! この職場、他会社担当の周りは全員ベテラン だし、初心者がどのように扱われいびられるかは、 過去聞いてきた話&自分の実体験を元に考えると この子が今後どうなるのかは 考えるだけでも恐ろしい。 すでに、この新人が初心者だと聞いた周りの目は 非常に冷たい。 あーあ、もう、知らんでー(恐怖) お昼休みになって、やっと開放されるかと 思いきや、 「え〜どこ行くんですか〜私も付いてきますぅぅぅ〜」とかいう。 いや、でも休憩時間くらいは自由やろ; 休憩の時に、近くのデパートの屋上でのんびりするのが 私の唯一の楽しみなのに。 あー困った。 しかも、「私、ロッカー室に忘れ物したんでついてきてくださーい」 とかくねくねしながら言う。 シャラッープ!! ロッカー室はすごく離れている建物にあるので 仕方なくそこでお昼を一緒にとるしかない。 くそーー うんざりしながらも「最終日だし円満に終わりたい一心」で 付きあう。 なに、この子、もしかして「一人じゃトイレにもいけなーい」 ってタイプの女の子? ひやー もっとも苦手なタイプ!! 長時間、身近にいると痒くなるわ。 んでもって、 休憩室。二人きりになると 突然その子はタバコをスパスパ吸いだし、 「私思うんだけど〜、++売り場のあの女、  あの人がレジにいるより私がいるほうが一般受けすると思うんだけど〜」 とか恐ろしい事を言いだす!!! は?!さっきまでの 「いじいじ、上目使い」っぷりはどこにいったの? しかも、もうタメ語な訳?!?! ひーー!!! うっっざーーー!! “女の怖さ”、 大爆発という感じ。 しかもしかもいきなり、 ”同階の別売場の女の子より私の方が上よ”、発言。 “自分がどうやれば可愛く写るか”を知っていて それを武器にしている。 そして、男のだまし方、落とし方も知っている 魔性の女という感じ。 今まで、自分が甘えれば、望むものは手に入り 男はなんでもしてくれたんだろうなあ、 という印象。 確かに、見た目は結構可愛いけどさ、 こんな性格でいいのかー?! でも実際こういうわがままな娘が好きな人も多いのも事実。 私が男だったらこんな女は絶対嫌やわ!! 裏表が恐ろしいわ! というか友達でも嫌じゃ!! 今日限りやからまだ我慢するけどさ。 超うんざりながらも とにかく「仕事を教えるのは最後の義務」なので 出来る限りの事はたたきこむ。 が、本人がどれくらいやる気があって教えたのかは謎。 非常に教えがいに欠ける。 あとは、場所とかマニュアルとかは 紙に書いておいた。 やるだけの事はやったはず。 後はもう知らん。 彼女の努力次第。 この職場で果たしてどれくらい続くのかは 謎だけど、 まあ頑張って下さい。 前の人みたいに、2日で音信不通とかはやめてください。 勤務終了まであと3時間・・・ 2時間・・・ 1時間・・・ あと残り10分が死ぬほど死ぬほど長く感じた。 終わったーーー!!! 嬉しすぎて泣きそうになった。 ロッカーの鍵を渡し、店を出て 外を歩いていると 無意識に鼻歌を歌っている自分。 友達から、 「勤務終了おめでとう!今夜は祝杯をあげておくれ!」 というメールが。 そうか、そうか、そうか、 やっと やっと終わったんだ。 感無量。 ほんとに感無量。 はずかしながら、 自己満足ですが この数ヶ月の自分に拍手したい。 家に帰ると 同居人さんからも祝福の一言が。 そうかー やっと終わったんだわ;; もう明日からあそこに行かなくていいんだわ。 またも実感して涙ちょちょぎれる。 今夜は久しぶりに 実家に帰るぞ!! 実家に帰ってゆっくりしたい。 終電に間に合うように下宿先を出た。 今夜の夜は 確実に夏の夜の匂いがした。
posted by y at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

NEWS23

・筑紫徹夜の偉大な一言

今日、NEWS23で筑紫哲也がすごくいい事を言っていた。
列車事故から、考える日本の「時間完璧観念」と
それを遂行しなければいけない風潮が故に、義性となっている事。
そして、その観念自体がもはや正しいのかどうか、という疑問。

みたいなこと。
詳しく書きたいけど時間無いので。
posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月28日

余命という考え

JRの事故。


うちの学校の学生が亡くなった。




人間の命は儚い。

そして未来は「予測できない」


人間だれしも、自分の未来を疑ったりはしない。
自分には10分後があり、明日が来て、
そして将来がある。
そんなことを当たり前だと信じ、今の時間を過ごしている。

それが 思い込み だってこと
に気付かされた。

前にも思った、「10年後の自分」を
想像し、語ることは、
ある意味 傲慢でしかない。
"自分が10年後生きている"それが前提となっているから。



思い込みの持つ効力は大きい。
思い込むことは大切である。

だけど、それが"思い込み"であることを
忘れてはいけない。




明日はもしかしたら来ないかもしれない。


多分、電車に乗っていて亡くなった方全員、
自分が死ぬなんて思わなかっただろう。
 今日の授業のこと、
 これからの取引のこと、
 今日これからどうしようっかな、
そんな事を考えていたはず。

同じ日同じ時間に同じ様なことを考えていた大勢の
うちの一人として。

だけど、その大勢のうちの何人かは、そのまま生き続け
何人かは命を絶たれた。


  それが現実。


  世の中は何によって廻っているのか。
  運命を操っているものがいるんだろうか。
  それぞれの人に、
  それぞれの「途切れる日」がある。
  私にも。
  あと、「余命***日」という事実は
  生きてる生物すべてが背負っている。
  その*が、1か、10000か、
  それは途切れる時にやっと判明する。

  その時、人間
  なにを思うんだろう。
  逝く前の10秒間に何を思うんだろう。
  
  「嫌だ」「まだ死にたくない」と思うんだろうか。
   それとも「家族」や「恋人」のことを思うんだろうか。
   それとも・・・
  「そうか死ぬんだ」と受け止めれる人はどれくらいいるんだろう。
   
   拒否と許容。
   その二対の種類があるとすれば、
   今の私がもしそういう状況になれば、間違いなく前者なんだろうな。
   
   だって、まだやりたかったことがいっぱいある。
   出会いたかった人もいっぱいあるし、
   経験したかったことも計り知れず。

    そうか・・・。


    そんな事をぶつぶつと思った。
    だからなに、とか
    この考えにまとまりとか流れとかはないんだけど、
    そんな事を
    考えた。
   
  
posted by y at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月27日

予防接種

・予防接種
今日は予防接種を受けに行くつもりだった。
やっぱり、アジア、中東、そしてボランティアとか
するなら、衛星的問題はあるだろうし、
自分がそこまで免疫が強くない家系なので
やっぱり必要かしらと思い始めて。

で、調べて、近くでやってるとこに仕事終わりに
行こうと思った。

が、しかし、昨日からだるかったのが
今日さらにしんどくなり、熱っぽくなったので
注射は止めたほうがいいかも、と思いなおしたけど、
しばらく今後GWに入るので
予防接種は2週間置きに2・3回しないと効果ない
らしいので、出発まで逆算しても
今日やっとかないともう日数がないわ。

迷いながらもとりあえず行ってみて
話だけでも、と思った。


が、
その医者と話していて、A型肝炎・B型肝炎・
破傷風・狂犬病だけでも最低必要、
できればあと日本脳炎・コレラ・ポリオなども
出来たらしたほうがいいと言われた。

予防接種はしなくても大丈夫な人もいるけど
かかってからでは遅い。
狂犬病とかは死ぬ。
保険だと思って、高いけどしときなさい。とのこと。

出発は16日だというと、
時間がないから今日しないと駄目だといわれ、
せめてA型だけでもしときなさい、
というご忠告。
「今日はでもしんどいので・・・」といったけど、
あれよあれよというまに
ベットに寝かされ腰に打たれた。
ひぃ。
でも一瞬の出来事。


この一本の注射で一万円が一瞬でブっとんだ。


予防接種は高いと聞いていたけど、
今後、予防接種をきちんとしたら、
A型肝炎 10000X2
B型肝炎 7500X2
狂犬病  5000X2
破傷風  3500X2
日本脳円 5000X2

とこれだけでも6.7万ブっ飛ぶ訳で。

これにコレラとかポリオとか
したらほんまに 「うん十万」は無くなる訳で。

確かに、「予防接種は高い」とは
聞いていたけど、こんなにかかっては
せっかく稼いだお金も全部ブっ飛ぶがな!!

ただでさえ、
準備費用に、(保険・バックパック代・バンコクまでのチケットも含め)家賃も合わせたら
すでに20マンくらいは日本で無くなって、
そこに休学費用も合わせると
ほんまに

いくら3ヶ月で60万稼いでも
実際の旅資金は半年で40万、下手すりゃ30万くらいで
カツカツになっている。
というか、ルートとか変えて高い国いかずに
安いとこで超節約しないと無理。

そんな火の車状態なのに
注射で ん十万も出せるか!!!!


無理じゃ!!!



で、でも死にたくないしなー。


と、必死で調べていると
バンコクの蛇農園で、併設している毒研究してる赤十字で
かなり安く注射が打てるらしい。l
A型で500バーツ(=1500円)

これは日本に比べかなり安い!!

決めた。
日本で打つのはやめよう。

A型も二回目はバンコクでやろう。

英語が通じるのか謎やけど
節約のためには仕方がない。てか日本高すぎ。

posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

ごはん作って♪


今日は、はたまた仕事で凹むことがあり(いつもやけどさ、今日は特に)
かつ、
原付盗難撤去疑惑?!←自分が悪いんやけど)があり、
(憐れな姿ではありましたが無事某所で保護しました。
よかった〜あたしのvinoは誰にもわたさん!)

なにかとダメージのおっきな日でした。

凹んで友達にメールしたら、
「じゃ仕事終わりにうちにきなよ〜。なんかご飯つくったげる♪」

という、マリア様的な発言が!



人様の作ってくれたご飯を食べて
感動して涙ちょちょぎれる思いでした。

あたしゃ、友達が女神のようにみえたよ。よもや天使?

やっぱ、仕事でヤな思いをしたあとに
誰かに会うのは嬉しい。
しかもご飯まで作ってくれたら、まじ嬉しい。

世のパパたちの
家に帰ったら妻のご飯が待っている。ということの
幸せさを感じました。
なるほど。
お嫁さんの力は計り知れないわ、うん。

でも、どっちかっていうと、
私は”帰ったら癒されたい”パパさん的志向なんで、
お嫁さんが欲しいっす(笑)



まったりだらだらごろごろ。
毛布はあったかいのぉ。
てかずっと体温が上がらんのよぉ。
自律神経失調症は治ったはずなんだがやのぉ。


恋ネタを話していて、
「大学生の恋」というのは
よもや、いわゆる”大人のする恋”よりか
不健全で本能的なもんかもしれないねー。
・・うちはわからんけど。
でも、そういう不完全な恋ができるのも
学生の特権なのかもしれないですねー。
ああー、いいなー、学生。
うちもキャンパスラーイフしたーーい。

あと2週間かもしれないど
恋がしたーーい。
不健全でも、してる子がうらやましーい、

なんて思いました。
でも、本人にとっては大変な問題なんですよね、ごめん。
あと、さんきゅ。
posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月25日

やば!!

The date approaches.

やば!
今頃改めて気付いたけど、

出発まであと2週間ちょいしかないやん!!!


やばっ

やばっ

やばっっつっつ!!!!



ちょっとちょっとちょっと
準備なにもしてないわよ〜奥さんっ
(@@;)

基本的なものの
準備(荷造り)


期間がかかるもの系
やら
日数がかかるもの系はほんまにタイムリミットじゃあ・・・
なんせGWをはさむと会社系は
休みになっちゃうがな!!

やば!
ほんま、そろそろ尻に火つけて準備せなあかんわ。


って、思ってるけど
仕事帰ると毎日ぐったりなんだよぉー
あー小人さんを100人召喚したいわ!
posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

オールナイト

今夜は恒例の誕生日パーティ♪


高校からの友達3人。
それぞれの誕生日or日付越えに誕生日を祝いあう、
それが恒例になって何年目だっけ?

でもでも、毎年すごく嬉しいことで
こういう友達がいるということもとても幸せやわぁ。

今日はひろみんバースデーって
ことで、フレンチのコースを予約してました☆
なんせ22歳ってことで、ちょっと大人ムードを意識したつもりなんやけど(笑)
先月は社会人並に稼いだし、
前の誕生会は私の都合で流してしまったし、
ちょっと奮発しようと思いまして☆
普段どどどケチですが、こういうときはガツンと使いたいのです
。ていっても、hotpaperに助けてもらったけどね(笑)



最初は、コース内のデザートはティラミスって
ことやってんけど、2回目に電話したら、ボーイさんが
親身に相談にのってくれて、
「サプライズしたい」とか「ケーキ持ち込んじゃ駄目?」とか
いろいろ相談して、
なんと、ティラミスの代わりに、コックに特別に誕生日ケーキを作ってくれる
ことになった!
嬉しい!まじ、お兄さんいい人!最高やわアンタっ
「材料調達できるかわかりませんが」とか言ってたけど、
昼ごろに「バッチリです」電話が。
しかもシャンパンもつけてくれるって。いや〜素晴らしい。なんて素敵なお店。


で、夜集合して行ってみたら、
これがまたお洒落なお店でして!

真っ白な建物の中に赤い空間。
店内は壁もインテリアも椅子も赤と緑ですべてが統一されてて、
ほんわかしたライトとロウソクの炎で素敵やった。
クリスマスみたいやったよね。

コースとか普段食べないから、ちょっと緊張。
でも、少しずついろんな物が食べれて
ちょうどいい感じ☆
あの前菜良かったよね〜あんなリッチ?な前菜は初めてやったわ!


ひろみバースディ.jpg

なんかコースって自分がリッチな人になった気がしない?
カフェのフレンチやったけどすごいご満悦やったわぁ。
あ、こんなんいってる時点でビンボーくさいんかも(笑)
食べ終わったくらいに
可愛いクランベリーケーキにローソク立ててシェフが持ってきてくれた☆
ああ、ほんまお兄さんに感謝やわ。すばらしや。
この一個のためだけに買出しにいってくれた人にも感謝やわ。

食べ終わってまったり〜
ローソクの演出って落ち着くわあ。
ずっといたいわあ。
うちらも長かったけど、奥のカップルなんて多分5時間以上いたってば。

12時過ぎるくらいまで
だらだらとしゃべり続けた。
話題は近況ー恋ネタやらいろいろだけど、
一番白熱したのは日中問題。
日中政治・経済や中国、台湾の関係等。
2、3時間位はしゃべってたっけ?
ちえ、卒論できたら是非読ましてね。



ふと思ったのは、
今まで続いてきた誕生会は、来年もできるか解らないってこと。
一人は社会人、
一人は自分の国に帰っちゃうし、
私はまだ学生のまま。
みんな、もしかしたらバラバラなんかなあ。

そんなん、
さみしいわ。
一年に3度くらい集まろうやぁ。
ちえ、日本に戻ってきなさい!
国内にいる組は、京都集合にする?

今年が最後かも、っていう現実は見ない。
受け止めませんから。


日付変わってから
ひょんなことから友達の友達と合流して
成り行きでクラブへ。

場所に着いてみたら三人とも「あ!」
しかも、よく考えれば日付も「あ!」
いやー偶然なのか、なんかあるのかも。
クラブ.jpg



しばらくいたよーないなかったよーな、
外に出てうろうろしたり、
中に戻ったり
なんやかんやいって3時くらいになって
これまた
偶然会った友達も友達の知り合い(つまり初対面)に
5人揃ってバーに連れてってもらった。

そこ、かねてから行ってみたかったとこで
中に入ってもめっちゃ可愛い?というかいい感じなとこやった。
ぼんやりした赤色で統一され店内。
アメリカンなよーなポップなよーな可愛いインテリア。
あ〜めっちゃまったり。

しかも、メニューがない。オーダーメイドってやつですか?(←これいったら笑われたけど)
マスターがその人のイメージのカクテルを作ってくれた。
みんなそれぞれ、
「純粋な娘」とか「ひとすじ」な感じとか「魔性の女」とか。
で、
私はというと「男に騙される」感じ。やって。

は?はいーー?

一体どのへんが?
全然違うってば。いや、そんなんに見えへんってば。え?どゆこと?

これはびっくり。
でも友達も、「あぁ〜」とかいうし。
は?いや、ないないないない。
それおかしいって。絶対違うってば。

とか言い張ってたら、
その、友達の友達の知り合いのNさんが皆(女5人)の
それぞれの分析をしだした。

これが、すごい!
当たる!当たる!
こわいくらい深層心理をついてる! なに、この方、占師?
「オーラで読める。目を見れば解る」らしい。

で、そこから
一人ひとり見てもらった。

私の番で、




posted by y at 00:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月21日

所得税

そーいや、こないだ先月分の
給料明細が届きました。

中を見ると、おおっ結構な額。


・・・が!!

なんでかしらんけど支給額は下がってる

「?」

よく見ると、
よくよく見ると、

所得税がひかれてるじゃあーーりませんか!!

しかも結構な額!

なんじゃあ!ちっ(怒った顔)
貧乏学生から税金こんなにとるなよっむかっ(怒り)

って思ったけど、

世のサラリーマンさん方は
毎月
この怒りとがっくりを
味わってるのですね。

すいません、
今まで適当に生きてました;
これからは
税金も視野にいれます、はい。
posted by y at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

流せる能力


あまりにも凹んで
凹みまくってる最近の私を見て
アドバイスをくれた。


「そこまで正面から受け止めるからしんどいんだよ。
 何事も
 流せるようにならなきゃ。
 そうじゃないよ、
 大げさだけど、死んじゃうよ。」

さすが、
だてに29も生きてないわ。

 流せる力。

 これ、ママにも言われたわ。

 「あんた、もっと気楽に考えることできひんの?」
  
  すべてを受け止めることは
  しんどいし、変な犠牲も払う。
  受け止めるとこは受け止め、
  流すとこは流す、
  そのメリハリが大事。

  だと言っていた。


    

  ケセラセラに生きなさい。って。


  ケセラセラねぇ・・・・
  誰もしたくて悩んでるんじゃないのーっ
posted by y at 01:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

犠牲と獲得

また仕事関係で泣いてしまいました。



でも今回はいつもと違う。
悔し涙とやりきれなさとどうしようもなさと、
自信喪失と、とにかく
いろんなものがこみ上げてきて

めちゃくちゃ号泣してしまった。

しかも、外で、道を歩きながらだし
連れ違う人はびっくりしてるし。
そのうち歩けなくなって自販機の前で散々泣いた。




はあ〜

あ〜ぁ〜


どうしたものか。


もう、どうしたらいいんだろう。
どうしろっていうねん。



ぁ〜ぁ〜ぁ〜ぁ〜

せっかくやっと復活出来たと思ったのに、
また振り出しに戻る。
否、奈落の底に堕ちる。




はぁ。

もうため息。


人の印象とかイメージって一度付いたものは
そう簡単には変えることはできないだわ。
諦めも大事なのかも。

非力だ。

それか、根性がないのか。

でも、これ以上どうしたらいいんだろう。

行き止まりだわ。






ここまで仕事やバイトで状況が悪化することなんて
今までなかったし。

高校時代からいろんなバイトやってきて、
住み込みも掛け持ちも
リゾバもありとあらゆるバイトしてきたし、
その分、年齢や背景や性格や価値観が違う
多種多様な人と出会ってきたし、
そしてそれぞれの状況で上手いことやってこれたし、
どっちかというと人より
そういうなん上手い、世渡り上手という
自信はあった。

けど、
ここにきて、そんなんもこっぱみじん。

人間と人間の仲には
合う合わないがあるとはいうけど、
それ
ほんまにほんまに大事なことやわ。

自信喪失。




これ、もう
生き地獄。




だけど、あともうちょっとだし、
もうちょっとなんだから、
もうちょっと・・・
そう何回も何回も言い聞かせて耐えてきた。

カレンダーなんで何千回も見たし、
手帳も残りの出勤日を何回も数えた。

割り切って。
割り切って。
せめてこれ以上目つけられないように
目立たないように
気配をできるだけ隠してやってきた。

人格を否定されるよりかは、存在に気付かれないほうがマシ。

相手の機嫌をうかがって、
うまく読んで
とりあえず何にしてもシタテに出るように
歯向かわずに、
ハイ、 と受け止める。
歯向かわない。
散々いわれて、こっちがへこんだら
相手は気が済むわけだし。
多分それで気晴らしになるんだろうし。
シタテに
シタテに
下に腰を低く
とにかく仕事だと思って割り切って耐える。

で、
その分の発散を
仕事以外の時間を充実させて発散させる!


そうやってバランスを取ってきたけど、
今日はついに
今までのが溜まり積もって切れそうになった。
逆切れしかけた。
したら、火に油を注いだようで。

理不尽だとは思うけど、
悔しい悔しい悔しすぎるけど
ここは自分が折れないと。。
と思って、
帰ってから「謝り」の電話をした。
けど、
「また今度にして」系。





はー
自分の妥協も頑張りも 
なんかうんざりした。
何かを一つ諦めたわ。




でも、
今日はこんな惨事のおかげで
いい言葉をもらった。

派遣元の方から。

「そんな生き地獄なら
無理せんでもいいで。ここまで頑張ってきたんだし、
プライドとかいいから、辞めてもいいと思う。

だけど、
人間何度かは歯を食いしばって
耐えなあかん場面もある。

その時は辛いけど
それをやりきった、上りきったとき、
自分に対して何か大きなもの、
ひとつの「自信」が手に入る。」



そう、「自信」

私が一番欲しいもの。
そして自分に欠けてると思うもの。

今年の目標は少しでも自分を好きになること、自信をもつこと。だったはず

あと、2週間。

ここでやめると
生き地獄からの開放を得る
と、ともに失う何か。
そして
失うだけじゃなく、今度きっと
同じような状況になったとき
「あの時途中で逃げだした」というマイナスな記憶、
リフレイン。
今回もやりきれるのか、
また同じことになるんじゃないか、という不安要素。
そういうなんがずっとついてまわるだろう。


それが何より
一番怖い。
そして、それは嫌。
今まで頑張ってきた理由。




逆境に弱い自分が嫌だった。
もっと強いひとになりたい。精神的に。
根性つけたい。



今日あんな終わり方したから
明日仕事行くのが相当きまづい。
またお腹痛くなりそう。
だけど、明日休んだら、もっといきづらくなる。


今辞めたら、もっと弱くなる。
もっと自信をなくす。
もっと自分を嫌いになってしまう。




ここまできたら、
お金とか旅資金とか、建前とか
人の目とかそんなんじゃなくて、

自分の意地と「自信」のために
やりきりたい。


頑張るしかない。
耐えるしかないか。




数週間の楽と
今後何十年も持っていける自信、
どっちをとるかは自分次第。


そして、
4月30日。
やりきったとき、自分を褒めたい、
祝杯だわ。


多分、
ちいさなことかもしれないけど
一つの私の今後の人生に影響をあたえると思う。







多くの犠牲を払って
得られた何かは
きっと計り知れないものになる。


と信じて 
乗り切ろう。



あー明日が嫌だけど。
posted by y at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

交差点

車の中で聞いた曲
ケツメイシのさくら
アンダーグラフのつばさ
森山直太郎の春
中島ミカの桜色舞うころ
ケツメイシの涙
ケツメイシの花鳥風月
etc...




その他いっぱいあったけど、
なぜかすごくシンクロしたのはアンダーグラフの曲ツバサ。





”明け方過ぎの国道までの
細い抜け道 君が呟く
「恐いものなど何も無いよ」と
見送る為の言葉に
涙流れた

つまらぬ事で話は絶えず 
散らかる部屋で笑いあえてた
夢追う事に恐れは無くて 
生まれた街とサヨナラ決めた

「いつか会いに来る」と
「いつも忘れない」と
手を振る君の瞳も 
言えずにココロの中で誓う

旅立つ空に 
出会いと別れ 
青春の日々 
全てを描き
いつか互いに大きな花を 
綺麗な花を咲かせまた共に笑おう

あの日を胸に 
あて無く続く道は眠れぬ夜と連なる

叶いかけた夢と 
紡ぎだした文字の
狭間で揺れるのは 
気紛れ 日替わり 時計の針

流れる雲に明日を誓えど 
置いてかれてる不安はよぎる
その度君を 君の言葉を 
思い返して 
涙集め声枯らす

今も信じているよ 
いつも忘れないよ
手を振る君の瞳を 
帰らぬ儚き蒼き日々を

旅立つ空に出会いと別れ 
青春の日々全てを描き
いつか互いに
大きな花を 綺麗な花を
咲かすと決めた

変わらぬ空に 
君を映して 
上手く飛べたら 高く飛べたら
ツバサ広げて 
秋風越えて 
夢を手にして
会えたなら共に笑おう
会えたなら共に笑おう”(ツバサ/アンダーグラフ)



歌詞がいい。とてもマッチ。












多分きっと、
この人にはもう会うことはないだろう。


「次に日本を出るときは、日本を捨てる覚悟だから」
そういっていた。




そっか。



私が日本を出て、そして帰ってくる頃には
この人はもういない。

そして多分帰ってこない。
これからまた会うこともないんだろう。

人それぞれ、進むべき道は違う。
その交差点で
偶然出会ったのなら
人の縁は不思議な必然かもしれない


でも私は日本は捨てない
し捨てれない
帰る場所はここだと思ってる
日本が好きだし
京都が好きだし
外国へ一時期行ったとしても
将来拠点を据えるのは日本でありたいし
日本人が好きだし
旦那さんも日本人がいい。
そして最期は日本で死にたいを思う。



だけど、
世の中には「ここじゃない」と感じる人がいるのは事実。
ならば
その人に一番合う国、街が見つかればいいな。




二人、
同じ旅に出る者同士ではあるけど
行き先も出発時期も目的も
背負うものも旅の重みも目的地も違う




「もう会えるのこれが最後かもね」
「そうだね」




家まで送ってもらって
最期に
お互いのGood luckを願って
握手をして別れた。



一体、なんだったのか、
突然やってきて
月光仮面のように去っていった車

やっぱり、
数日間毎日毎日一緒に遊んだら情が移るのか
一人になって普段の生活を再開すると
不覚にも寂しくなった。









この人の行く末に幸あることを願う。





posted by y at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時の流れ




満開の桜の下で
並んで座って落ちてく花びらを見ていた。

お互い何もしゃべらなかった。

沈黙。


ふと、
隣の人は何を考えてるんだろう。と思った。


一瞬だけ
ちらっと盗み見した。

前を向いて遠くを見てた。


私にはこの人が何を考えてるのか
分からなかった。


そして私が考えてることは
この人にはわからないんだろう。

所詮人間、
他人の心は解らないものなんだ。と感じた。
何を見て
どう感じているかなんて、
それぞれ違う人間なんだから同じように解るはずない。


ちょっと悲しいけど
当たり前なことで正直な事実。



どうしようもないんだわ、
と思った。




以前、昔は恋愛感情がなかった訳じゃない。
だけど
今更そういう目で見てはいけない気がする。

多分、お互いそう思ってる。
意識して、そうしている。




もっと近くに住んでたら、
もっと早くに会ってたら、
とか思ったりしたことあったけど
そんなん思ったとこで
どうしようもないし、今の関係が正しいんだと思う。



「縁」とは時期とタイミングが全て
って誰かいってたけど、
わかる気がする。

もう今更
どうしようもない。
気持ちも
時と共に変化してるわけだし。
私の気持ちも
もうあの時のままじゃない。



結局今思えば
お互い
友達のままで一番良かったんだ。
そのほうが無くすものはないし。

深くは望んじゃいけない。

夜の道で
一瞬触れた手を
お互い何もなかったように
引っ込めた



それに
今更どうしたとこで
どうなるってもんじゃない。
冷めた気持ちは
昔のようには戻らない。
もう友達としてしか見れないように
どっかで組み込まれてる。



そしてもう
それぞれ
自分の道を選んでしまった。
これから
進む道も
行き先も

違う。


そう気付いて

やっぱり黙って
落ちてく花を見た。














posted by y at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終日

さて、今日は最後の日って、ことで
私もオフだし、どこいこっか?ってなった。

で、結局初日にいった、京北の神社の桜が満開じゃなかったから
ちょっと名残惜しいってことで、また行ってきました。

人が多かったけど、桜、花吹雪がすごかった。

帰りに竜安寺も寄った。

竜安寺は取材で行ったこともあるし、すごい好き。
「ワレタダタルヲシル」の紋章もかなりいい。
これ、いい。うん、いい。

なんだかんだいって、修学旅行生とか観光客が
どこに行ってもいる。まあ、ベストシーズンだし仕方ないか。
でももうちょっと静かに見れたらなあ、と。

で、最後に、昨日私が仕事してる間に、
いろいろ散歩してて
歩いてて見つけた、という街中の小さな神社にいった。

隠れ家のような穴場なとこだった。

こじんまりしてるけど
誰も人がいなくて、
静かで、
境内を一面桜が覆ってて、常に花びらが
ハラハラ散ってて、
都会からこの空間だけ切り離されたような気分になる。

ここは落ち着く。

ずっと、ここにいたいと思うような
不思議な空気が流れていた。


黙って
祭壇の前に座って
散っていく花を見ていた。

長い間。

 

+最後の最後に
京都を一望出来る山に登った。
石段を登りきると、そこからは市内が見渡せた。

これでお別れ。

 

これから、静岡の友達のとこに行くらしい。

バイバイ。
私、京都人のくせに、全然実は寺いったことなくて
(実はまだ金閣寺も銀閣寺もない)
でも今回いろんなとこに廻れてよかった。
それに、しばらくは
仕事の嫌なことも忘れられたし。

 

さんきゅ。

 

 

 

posted by y at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

ファミレス

今日は、輩系や
あと、いちゃもんつけて怒鳴るおじさんとか
何かと客層が悪く、
もうぐったりです。

ガラ悪いおっさんなんか、
契約で免許書コピーする際に、
「お前、個人情報漏れたらどうなるかしってるんか!
 もう、流れてみろ、おまえ刑務所ぶちこむぞ!」
とかわめくわめく。
あーうるさい。

「シュレッダーかけますから、安心して下さいね」
と何回も丁寧に言ってるのに。
なに興奮してんねん、おっさん。

多分、こーゆー人とか
誰かにケチつけるために来たんやろうけど、
はーもう人に当たり散らすなっ

周りのお客さんもびっくりしてるし。

はーほんま、世の中には
まじうんざりな人もいっぱいいるもんだわ。

 

仕事終わってから迎えに来てもらって
夜のねねの道とか高台寺公園とか
円山とか祇園とかぶらぶらしました。

やっぱり、仕事で嫌な気分になっても
その後で誰かに会うと気も紛れる。よかった。

祇園で、おいしくて安いとこ探そうってなって、
2時間くらい探してたけど、
私の方向音痴っぷりに相手もキレて
結局ファミレスにいく羽目に。
でも二人揃ってファミレスに感動。
うまい!とか
こんな低料金でこんだけ豪華なものが出せるなんて!
とか、もう絶賛。
ファミレスをなめちゃいかんわ。
京都に来て一番落ち着いたとこがファミレスや、
とか言ってるし。

でも、連日の疲れと風邪としんどさと風邪薬が
たたって、豆乳鍋食べながらすごい睡魔に襲われ
スプーン持ちながら寝てた。
それも我ながらすごいと思うけど、
起きたら私の分も全部食べてた相手もすごいわ。

だらだらして プリクラとったり ちょこちょこ遊んで 深夜4時くらいに別れた。
ねむー
明日起きれるかなあ。

posted by y at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

夜の二条城

今日は土曜でめちゃくちゃ忙しくて
仕事もしんどくて声が枯れてしまい、
しかも且つ風邪を引いてしまったみたいで
特に鼻がひどくて、息するのもやっとってくらいです。薬効かないし!おい!

仕事終わりに二条城のライトアップに行ってきました。

めちゃめちゃ綺麗。
すっごく家近いくせに今まで城の中に入ったこと
なかったんだけど、
特別夜間拝観の時期に入れて嬉しい。
やっぱ城やお寺は夜がメインですわ。うん。

posted by y at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月15日

drive

昨日の晩、関東の友達が
「京都の桜が見たい」とかいって
突然遊びに来ました。


どうも、桜時期を狙ってたみたいで
確かに桜シーズンにはベストタイミングだけど、
またもや急な。
うち仕事あるってば。予定もあるってば。

って、この人には通じないか(笑)

それに、私も仕事関係で落ち込みすぎてて、
なんとか気を紛らわせたかったし、
そのために無理に予定をいれようとしてた
この頃だったから、
ちょうど良かった。
気晴らしになるし。


しかも、車できはった。
はあ?とか思ってたけど、
ほんとに来た。
「だって宿代浮くし、車やと移動費もかからんし」

確かに、車に
寝袋とか生活物積み込んでて
動く部屋みたいになってた。

あら、すごいわ。

それで結局、この人4泊とも最後まで
車で寝泊りしてたし。
しかも疲れるでもなく快適そうやったし。
いや、人間なんでも出来るもんなのね。

今日はオフだったし、
予定も夜からだったので急遽、
市内から車で2時間とかかかる土田舎の
桜の穴場で有名なとこいってきました。

帰りは嵐山とか寄って、
あードライブっていいな〜なんて思った。

   


   

posted by y at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

自販機-

image/sakamaki-2005-04-14T02:02:37-2.jpg

へんなもんみっけ。

路地の怪しげな駐車場の自販機にて。
キットカットのジュース?とか初めてみた。

あと、茶を被せるらしいよ。

teaにソーダってのもいかがなもんかねぇ。

でもおもしろいので座布団2枚。
posted by y at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RINGY

友達から

私に似てる外国の歌手がいる、って
いわれて画像を送ってもらいました。

このお方。。
リンジーローバン.JPG


Ringyローハンという方らしいです。


に、似てね〜〜〜〜!!!!!!あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

これは、わたし、リンジィのファンに袋叩きに合うと思うんですけど。
ほんとに、ほんとに、
ファンに殺されるっ
もしくは、抹殺されちゃうじゃんッ


でもちょっとうけた(笑)
サンクス☆

パーツとかは
似た部分もあるかもやけど、
あと10キロくらいやせないと似ても似つかないわー;;
あららら。
がんばるわよっ
posted by y at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

polite fiction

後輩とメールをしていて、
「3ヶ月で60万!やばいです。偉大です。中略。
 なんか*さんの話聞いてたら
いつも頑張らねばとやる気が触発されます!」
といった系のメールを頂きました。

 

いやいやいや、
それは大いなる誤解です。
確かに3ヶ月60万稼ぎましたが、それと引き換えに
体も精神的にも壊れて、精神科に通うというこの弱さ、
根性も忍耐力もない駄目駄目っぷりです。
全然頑張れてないです。


時々、彼女からは
お世辞としてお褒めの言葉をもらいますが、
それも大いなる誤解です。

見よ、私のこの駄目っぷりを!!
この日記を見たら、引くに違いない!(笑)




それ以外にも
たまに友達からとか知り合いからとか
「頑張ってるねー」とか言われます。
その度に
罪悪感でいっぱいです。

実際は全然頑張れてないのに・・・。

はて、
こんな駄目ダメなのに、
なんで時に人からこんなに褒めてもらえたりすんだろう、
と考えると
それは「タテマエ」で取り繕ってるからなのでしょうか?。

例えば、
たまにしか会わない友達とか、
後輩とかの前では見栄を張って、
いい事ばかりを並べてしまうからなのかも。

見栄っ張りなんでしょうか。


実際はこんなに
ふにゃふにゃで根性もなくて
ネクラでだらしなくて適当なくせに。
人にはいい顔しちゃってるのでしょうか。


うわあ、そんな自分が嫌!
かといって、ありのままの自分の弱さを
全ての人に曝け出すなんて
恥ずかしくて出来ません!

タテマエと実際のギャップがない人って
羨ましい。どうやってるんだろ。



大学に入ってから、
"偉大な人""尊敬する人"にたくさん会った。
その方たちは、
自分でサークル立ち上げたり、イベント主催したり、
コーチングの場を設けたり、
学友会会長をひょいとやってのけたり、
自分の信念を貫いたり、学生団体頑張ったり、
あと私に数々の名言をくださり、
ほんとに
心から「スゲー!」と思える方たちで、
憧れの存在でもあった。

いつか私も、そういう風になりたい、と思った。

だけど、
その方達のようにはなれない、と気付いた。

根本的に何かが違うんだわ。
と、いうことに気付いた。

じゃあ、どうすればいいのか?

と考えて、他人のようにはなれなくても
自分は自分なりに精一杯頑張るしかない。
という結論に出た。
do my best.
それで尊敬する人に手が届かなくても、
それはそれで仕方ない。
自分のbestのレベルが低くても、
自分のベストには変わりないんだし。
他人と比べるもんじゃないわ。
人それぞれ、得意分野が違うのも仕方ないし、
自分の得意とするとこを伸ばすしかない。

そして、あと自分に出来ることといったら、
特に、タテマエだけで付き合いたくないと思う相手には、
自分の素性を誤魔化さないでちゃんとさらけ出すこと。


そういう体当たりしかないのです。

と思った。




だから、
その後輩にも
いつか私の素性と駄目っぷりをあかそうと思った。

だって、好きな後輩やし。

タテマエで取り繕って先輩面してても
仕方ないし、
そうしている以上、
そこにはなにも生まれないと思った。






posted by y at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。