2004年12月30日

インドから


インド沖の地震。

これが起こったとき私は寝てました。

起きたら母がなにやら叫んでました。
「にーちゃんが!!!!」


?!



TVをつけるとインドで地震が起こり大被害が。

え、・・・って。
うちの兄ちゃん、いま、インド。

ちょっと前インドのバラナシからメールが来て、
今から南下するとかいってたな。

え、


ちょっと 

やばいんじゃあ。



兄にメールを打つ!
打つ
打つ。

ARE YOU SURVIVE?!


返事がこない。

日がたつ。

母が怒っている。

「もう、あんたまで旅に出るなんていかせへんよー!」

とかいってる。
まあ、気持ちはわかるけどさ。


兄とは、
すごく仲が悪い兄弟でした。
ほんまに血みどろの喧嘩を何度したか。
ちっちゃいときは、
ほんまに毎日泣き喚いてました。
今から気付くと兄の暴力と同時に私も言葉の暴力もってたんだけどね。

でも中学3年のある晩の喧嘩から、
お互い「交渉」で喧嘩を回避できるようになりました。
くってかかりそうな口論だけど、
兄は手を出さなくなった。
その晩から口で解決出来るようになった。

それからは
ちょっとずつ話すようになり、
うちの兄が下宿で家を出てから
たまに帰ってくると
ぽつぽつとお互いのことを話すようになり。
私が家を出るときも
引越しの荷物を車で全部送ってくれたのも兄で。
私の休学を一番に押してくれたのも兄で。

普段はそんなにしゃべらないけど、
たまにしゃべるとお互いのコトを結構心配し合っているんだな、って思う。




インドからのメールで、
どうなんインド?って送ったら、英語でメールが来て、
肌荒れがすごいとかカルチャーショックとかブッタガリアがどーとか。
で、最後に
congratulation your KYUGAKU
ってきた。


それっきり。

もしかしたら、これが最後のメール?
と思った。


ら。


ついにメールが来た。


"IKITERU"


って。
生きてるみたいです。

良かった良かった。


ほんまに、こんなとこで死んでもらったら困るって。
これからやろうちら兄弟は!




インド。

結構うちの友達が今言ってる。
カンボジアから一緒に国境越えした将ちゃん。
生きてるらしい。喘息がひどいらしい。
サバキャンで一緒だったエコ。
エコから連絡がこない。

大丈夫かしら。


でも、みんな そんなやわじゃないわ。

って、そういう問題じゃないか。
posted by y at 01:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

my own word?

言葉というのは難しい。

 いやいや、むずかしい、

 「自分の言葉でしゃべれ」というのは
 うちの教授がすっぱくいうことであり、シュウカツしてても
 セミナーのお偉いさんがその重要性を熱く語っています。

 話すときも
 出来るだけ素を意識しているつもり
 文にするときも
 かしこまった文章や堅いものよりも
 口語的なほうが自分らしいと思うので
 ちょっとバカっぽいなと思いながらも
 素でかいてるつもり
 


だけどこの前
ある人に”人の言葉を借りて使ってるとこない?”
と指摘された。
その人は、別に攻めのつもりでいったんじゃなくて
うちのことを思ってこそ言ってくれたわけで。

確かに確かに。

うん、あるかも。


ああ、この言葉いいなー
とか、いいこと言ってる、ってのは
後で自分の辞書に足したりする。


でもそれって、やっぱり
解る人にはわかることで
ちょっと鼻につくことなのかもしれないなー。

そう考えると
自分の言葉ってなんだろう、
って思う

今しゃべってる言葉は
私の口から出たことではあるけど
私自身の言葉だという確証はない。

逆に自分だけの言葉ってなに?


うーん

ちょっとわからなくなってきた


ただ一つ言えることは
結構わかる人にはわかるってことで。
自分の取り繕ってるとこを
見透かされた気分。


もっとバリアを張らなければ!!!
posted by y at 01:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月28日

写真

写真をもらった。

どれでも好きなのとってもいーよ。って


フィルム写真の綺麗さにびっくりした。
普通のカメラだったのに、こんなに鮮やかに発色するとは。

デジカメ写真とはまた違った良さがあるね


私が選んだ写真は3枚

スランスランの湖と、ラオスのどっかの砂漠と、
それと3人でプノンバケンの夕陽をバックに撮った一枚。
三人ともめっちゃ笑顔で、「制覇!」って顔してる。




写真を眺めてて、
「懐かしいねー」っていってる自分がいて、
でも、そう言ってる自分がちょっと寂しい。

ナツカシイ。
そう、もう過去になってしまうのかなぁ。

この景色と光景は、
いつでも記憶の中では思い出せる、
けど、
この瞬間は写真のフィルムの中でしかない。

過去のこと。

時間の流れは止められない。

どんな素敵な一瞬一瞬も
次のときには過去となってしまう。


机の横の壁に貼った
この写真。

これは私の中ではだんだん「思い出」になっちゃうのかなあ







image/sakamaki-2004-12-28T22:31:20-1.jpg









posted by y at 22:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月25日

X'mas

image/sakamaki-2004-12-28T22:34:51-1.jpg


☆HAPPY MERRY christmas☆

Today is a very special day for people of aii over the wolrd.

I wish all people can pass this day feei happy and with smile, i wish.



メリークリスマス☆
今年のクリスマスはひょんなことから予想外の東京に。
予定は狂いまくりでしたが、
くるったからこそ結果的にはすごく楽しいXマスとなりました☆

Xmas is not only couple's day.
with a family
with the friends
If there is the heart with enjoying the day to each other,
A great day comes at each.


突然の上京と予定変更に私に
わざわざイブの日に付き合ってくれた東京の友達に感謝!♪
ほんまにありがとう。
噂の六本木ヒルズを見てきました。
いやーすごい!
さすが東京。イルミネーション。
うちの歴代のクリスマスと比べても
とってもナイスな一日を過ごせました♪






その後、夜行で帰るつもりが、
ホーム間違えて乗り遅れ;仕方なく漫画喫茶に泊まり
翌日18切符で9時間かけて大阪に戻りました。

なんたって今日はコブクロのクリスマスコンサート。
なんとか間に合いました♪

最高のコンサート。
とっても最高のクリスマスだあ
image/sakamaki-2004-12-28T22:34:51-2.jpg

posted by y at 22:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月23日

2℃

2℃。

そりゃ寒いわけだわ。


電車のなかでも
待合室ですら 極寒。

凍えそう…凍死するわ…

そーいえば今年一番の寒さっていってたな…
多分暖房とか追い付かないじゃぁ…

し、死ぬ。

冬って死活問題だわ
posted by y at 22:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月19日

color change

ネットカフェより。
只今3時30分。

先ほど、知り合いの美容師さんのイベントでカラーを1800円で
やってくれるイベントに行ってきました。

就活をしないことを決めたから、
黒染めしようと思ってた髪はそのままなんだったけど、
あまりにもプリンが激しかったので。
今の色も気に入ってたので、このままリタッチだけにしても
1800円は安いし、
いつかこの髪もなんとかしやなーと思ってたとこだったので
ちょうどいいかな、と。

なぜかPM9時〜AM3時ということで、
終電で帰れない覚悟でいきました。

でも、なかなかその場所がわからなくて、
深夜1時くらいにアメ村周辺をウロウロしてた。
なんかめっちゃ怖かった。
人が、というより
やっぱり私は車が怖い。

謎に接近してスローで通り過ぎる爆音のクルマとか。こわい。
聞いた話によると、
まえ、このへんで明け方に
クルマから裸の女の人が投げ捨てられたらしい。
怖い。
怖すぎる。…

なんとかその美容院にたどきつきました。

その知り合いは、高校の部活の先輩で、
同じ楽器をやってた私に教えてくれた直属の先輩♪
久々の再会に
お互いきゃーきゃーいってました☆

うちの高校は大学までいけたはずやのに、
その先輩は推薦をけってまで美容師になりたくて専門にいったひとで。
結構有名な大学やし、周りにはかなり反対されたみたいやったけど
うちは、周りに流されずに
自分のやりたいことを選んだその先輩の選択と生き方がすきや。

久々に昔の懐かしトークに花がさく。

「今、美容師してて楽しい?」って聞いた。

そしたら、
「うーん。どうなんやろうなあ、わからへん。
楽しいこともあるけど、つらいこともいっぱいあるし。
何度も美容師やめようやめようって思った、けど、
最後にはやっぱり続けようって思ってる」
って。

それって、なんだかんだいって、Aさんにとって、
美容師が適職であり好きなんだなあ、って思う。

私も、そんな仕事ができたらいいな。



そのイベントはめちゃくちゃ広いとこで、
スタッフもいっぱいいて、みんなお洒落でかっこよかった。
BGMもちょっとトランス系だったりして、
クラブイベントの要素も感じられました。

いやー、なんか、これぞ「華やかな仕事」って感じやわ。
皆きらきらしてるわ。若いわ。

でも、うちにはこういう職場はあわんかもなぁ
だって、毎日お洒落していかな許されへん感じやん。
服代かかりそう・・・;


で、店を出たのは3時。
とりあえず夜が明けるまでネットカフェです。

結構ネットカフェ好き。最近、すごい設備いいし。
入ったとき、なんかわくわくするわー
何読もう、雑誌?漫画?
DVD見ようかなーとか、TV見ようとか、ネットしよっかな、
あ、シャワーもあるんだーとか、
ドリンクなにしようーとか。
結構わくわくですわ。
今から映画みよーっと。あと、読みたかった漫画もよもーっと。



ちなみに、髪の色ですが、
「赤系は避けて」ってことで、パール入りのアッシュ+カッパーベースに
してもらいました。

出来上がって…

はて。赤色なんですけど…
きれいな色やけど、 、、

でも私、赤は似合わないわぁ・・・。


どないしよう・・・;
posted by y at 04:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月15日

ゴカイ

ゴカイって怖い。

自分が誤解されてるかもと思い始めると、すごく気にかかるし
相手に対しても臆病になる。
相手も相手で、ゴカイしている と思われてると気分が悪い。

 

お互いがお互いで気分が悪い。

そのまんまでいると、疑心や不信に繋がりかねない。

 

思い切って直接きいてみると、
案外自分の単なる思い込みだったことに
気付いてほっとしたり。

やっぱり聞きにくいことでも
そこをちゃんと伝えないと
ミスコミュニケーションが起こる絶対。

5人で一緒に住むことって
かなり難しい。
どこまで気を使っていいのか、
距離を保てばいいのか、
微妙なバランス。

でも、自分の気持ちを正直に相手に伝える、
相手の正直な意見をちゃんと聞き出すことって

すごく大事。

そんなことを思った。

posted by y at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

取材<冬編>

本日は取材にいってきました。 今回はあったかスポットってことで。
でも、どこをピックアップするかで、もんもんと悩み、
せっかく選び抜いたところに、アポ取りの段階で断られまくり
結構準備にてこずりました。
ほんとは、おでん専門店取材したかったetc
でもでも何だかんだいって、本日もとても楽しく取材出来ました。

よかったよかった〜


岩盤浴 癒されますぅ〜

午前はとある岩盤浴のお店に。店の都合上、体験は一人だけやったんやけど、体験した子は汗だくになってました。うわ〜お肌つるつるやぁゆうてました。撮影のためにちらっと入ったけど、蒸気だけでうちも暖かかかったわ〜

 

午後からは嵐山に。春の取材以来なので、おひさびさ。
でも結構近いんだよね、20分くらいで原付でいけちゃった。
冬の嵐山も綺麗。やっぱり京都だいすきやぁ☆ 

 

ちと寄り道。 京福嵐山駅新しくなった京福電車嵐山駅。雰囲気ある〜

次の取材まで時間があったので、
嵯峨野のほうまでウロウロしてみました。

嵯峨野、ちゃんと来たのははじめて。(これがちゃんとしれるか謎やけど)
飛び入り取材の店を探してうろうろ。
したら、おもしろいぜんざいを置いてるお店を発見。

飛び入り取材で快く引き受けてくださいました。
どういうぜんざいかは誌面で書くからここにはやめとこっと。
でも、なんか「初めての味」やったわ。

絶妙なバランス。 これは普通?の抹茶+あずきのぜんざい。魅惑のやつは秘密。

嵯峨野、なんか京の香りがしました。
すごく「京都」を意識した京らしい町並み。
個人的に夏の取材でいった貴船に
似てると思う。

ほんでからせっかくなので、噂の心霊スポットのあのトンネルを越えて、
保津川、清滝らへんまで行ってきた(笑)
冬の清滝は寒い!体感温度が下がる下がる。  

 

最後は、私がずっと行きたかったスポット。
これのために、今回この特集にして、
それでこのために嵐山に来ましたというくらい(笑)

その名もずばり、「足湯」

なんと駅の構内の中にある新しく出来た足湯なのです。
一人150円でタオル付き。
ふらっと寄りたくなるよお〜

案内されて、いざ足湯にじゃぷん。

うーん絶妙のお湯加減。いい。いい。

いちお伏せ画。

ふわーーーー

ってなる。すぐ横を電車が通っていく。
ホームの中の、簡易銭湯みたいな気分。

ああ・・極楽。

ずっとここに何時間もいれるわーって思う。

時間の都合で撮影してちょっとしたら引き上げちゃったけど
もっと浸かっていたかったよー。

取材のアポした担当の方も良い方で、
すごく満足でした**

 

今日は、身も心もあったまる日でした。
ぽかぽかですわ。

事前準備やアポ取りやルート決めは大変だけど、
いやあ、やっぱり取材いい☆

 


               

 

posted by y at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月14日

怒りの寒さ

なんでこんなに寒いのか!!

寒すぎません?

原チャにのってたら、手が凍傷になりかけました。
この厳しい寒さに、信号待ちのときなんてむしろ笑けてしまう。

しぬ!

しかも夜が更けるにつれて、鬼の亡者のような極寒。
殺す気ですか。
もーーほんまいややわあ、冬。

友達からメールが届いたよ。
いまサムイ島で常夏だってさ、もう一人はラオスだってさ。
あーずるい。
この温感の差は何?!
頭の中だけでもトリップしようかと思うけど、
片付いてないことが多すぎてなかなか集中できませぬ。

とにかく さ!!む!!い!!!!!怒るくらい寒い。
許されるならば、私はダウンジャケットに、強盗マスクつけて、スノボウェアはいて、マフラーぐるぐるまきにして街を歩いてたいんですけど。
posted by y at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月13日

K社セミナー

久々にスーツを着ました。

嘘です。
昨日は試験監督のバイトで一日スーツでしたけど。

いや、シュウカツのためというスーツでは久しぶりです。
一時期はあんなに毎日着てたのに・・・

 

おそらく、今年度参加するはこれで最後となるセミナーに行ってきました。
某大手出版社のやつで、セミナーの選考に受かったので。

すごい人数でした。
やっぱり編集職は魅力。
でも、どこか、以前と比べて自分的に場に浮いてる気持ちになりました。

きっと自分自身の求める場所が今はここではないことを
意味しているのかな。

でも、お話聞けて良かったです。
行って良かったです。
突然誰かに呼ばれて、?と思って振り返ったら、
なんと、某サークル編集長の・くんに偶然会ったし。

コトシメとなるセミナーで、同じ業界志望の誰かに会えてよかったかも。

 

あ、最後の課題がおもしろかった。
個人的にはああいうなん好き。燃えました。

posted by y at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

休学を決意した理由

休学を決意したまでの経緯。

ブログでもちゃんと改めて書こうと思ってたけど、
さっき書いたメールが結構ぜんぶ網羅してたから、
もう一度書くのめんどいのでとりあえずコピペ。
(いちお、会社と個人名は伏字にしとこっと)

これは某出版社の編集者さんへのメール。
すんごいお世話になった&すごい就職(出版業界)に相談のって
下さって、応援してくれて、
今でもメール交換してる人。尊敬するNさん☆

==================

さんへ☆
ご無沙汰しています、です。

先日は、バイト紹介の件のお話振ってくださってありがとうございます!
返事おそくなってごめんなさい!

その返事もかねて、・さんに伝えたいことがたくさんありまして・・・

一体なにから話せばよいのやら;と迷うくらい自分の中でも整理できてなかったの
ですが・・・

でも、とにかく、夏にいろいろ私の就職の相談にのってもらった
・さんや:さんや、その他いろいろ就職相談のってくださった方々には
ちゃんと伝えておかなければ、と思いまして。

でもどこから話せばいいのやら・・・;

たぶん熱く語ってしまうと思いますが
よかったら聞いてやってください。

突然ですが、私には2つ夢があります。
一つは、将来の夢。「編集者になりたい」ということ。 
そしてもう一つは人生の夢。「世界を廻りたい」ということ。
どっちも自分にとっては大事な夢なんです。

※後者の夢↑
人生の中で、絶対世界一周したい、世界を廻りたい、もっといろんな国を見たい、
実現しないままには絶対死ねるかーって思っています。
でも、それは「旅行」とか「ツアーパック」とか用意されたようなリョコウや、スーツケース持って、ホテルに泊まって、
与えられた観光地を巡って...とかいうのには興味がなく、
もっとアグレッシブな「旅」がしたいんです。登山用バックパッカーで、安宿を泊まりあるいて
放浪するような旅。それでこそ、その国の本当の姿に触れられると思うから。

でも、まあ、それは”いずれ実現したい夢”であって、
今じゃなくても、一度働いてからお金貯めてから行こうって思ってて。

だから、今は、将来の夢の方の「編集者」に向かって頑張ろう、
就活も本格化するし、よーしシュウカツ頑張るぞーっって意気込んでた訳です。
夏・秋までは。

だけど、就活に本腰を入れれば入れるほど、だんだん疑問が沸いてきたんです。

 就活するに当たって、
自分の将来のライフプランや、キャリアプランを考えて。
それで、逆算して、今どうすべきかを考えていたとき、
今のままじゃ私の 「編集者になりたい」って夢と、「世界を廻りたい」って夢が
現実的に考えると両立するのが難しいことに気づいたんです。

就職すると、お金は出来るけど、時間がなくなる。
長期で海外をバックパックで廻ろうなんて思ったら、”仕事をやめる”という選択をしない限り
無理ですよね。
一年とか休み取れるわけないし。
でも私はやっぱりいつか旅に出たいと思ってて、だから、
現在の就活の中であらゆる企業を廻ってても、
「でも、どうせ旅に出るためにいつか辞める、転職するんだろうな〜」
っていう風にやめることを前提に見てる自分がいて。

でも、それって違うんじゃないかなーって思いまして。

シュウカツしてて思うんですけど、世の中には結構魅力的な企業ありますよね!
わーここの会社の理念いい!とか、
ここで働いてる人達が素敵だ!とか、。。
で、私もここで頑張っていきたい、って思いますよね。
そこで全うしたい!と思えるくらい会社に惚れ込んでこそで就職したいし。

でも私は「いつか辞める」と漠然に思っている。
それっておかしいのでは?

せっかく就職するのに、途中で辞めることを前提に考えるのっておかしい。そういう発想
で適当に選びたくないなーって。
それに、出版社・編集者になりたい、雑誌作りたいんだったら下積みも考えて
長期プランで考えなきゃなって。
もし、チャンスがめぐって出版社に入れたとしたら、せっかく掴んだチャンスを
辞めるなんてできないし、辞める選択なんてできない。

旅の夢と将来の夢。
社会人になってみると、どっちも掴めるのは難しい。
どちらかを捨てなきゃいけない。
おそらく捨てるのは旅のほうだろうな。

でも・・・・

それでいいのか、自分。

って思うと、
もしかしたら学生である今が一番、世界を見たいという夢に手が届く場所にいるのでは?

そう思い始めて、休学という選択が頭をよぎりだした秋口。
でも、どうしよう。
このままでいいのかと、もんもんもんもんとする日々。

でもやっぱりなかなかレールから外れる勇気が出なくて、そっちを見ないようにしてたんです。


思い起こせば、
そういえば、昔オーストラリアに短期留学に行ったときに、
「来年休学して絶対ワーホリでもう一度長期で行く!」って決めたはずだったのに。

でも、結局休学しなかった。
その時の私の中では、得られるメリットよりも、行くデメリットの方が大きかった。
今から思うと、夏前からインターンやら就活をしてわざと就活を軌道にのせることによって
”休学の方向を見ないように”
そむけていた自分がいたことに気づいた。

なのに。
またも目をそむけるのか、自分!
これでいいのか、自分!
やりたいことなんじゃないの?また逃げちゃっていいの?

もんもんと悩む日々が続く。
休学して旅に出たい、
でも、そこのリスクも目につく。
女の子一人旅って、怖いんじゃないのか、殺されるんじゃないのか、
第一、自分は体力的にもやっていけるのか
休学することによって、今まで築いてきたものや、
せっかく出来た就活仲間を捨てることになる。
一年後復帰したとしても、なくすものは多いんじゃないか etc

もんもんもんもん、と悩んだ末、
「頭で考えててもラチあかんわ。とりあえず試してみるべし!
ってことで、先日カンボジアに行ってきました。
航空券チケットだけ買って、リュックしょって、
あとは現地ですべて。宿もなんも決めずにいって、
バンコクから陸路でカンボジアまで抜け100円の宿とか泊まり歩きました。
いろいろ苦労やつらいこともあって自分の限界を感じたけれど、
限界を知れたからこそ、そこを回避できる打開策が解ることができた。
旅中に対してのアンチ日本人だとか、一人にこだわるといった変なプライド捨てよう。とか
頼れるとこは頼ってもいいんだ。とか。
そしたら、今まで思ってた不安から一気に前がパァーと開けて。
それから、カンボジアですごい素敵な旅人たちに出会えて。励まされて。
現地で会った彼らが次はラオスに...とかベトナムから来た・・・とか
言ってるのに、私の次の進路は「日本に帰る」だったのが悔しくて。(笑)
くそーずるい!私も廻りたい!
行きたい!行こう!ってなりまして。

日本に帰って、また企業セミナーとかいにいってみたけど、やっぱり違和感があって。
「このまま卒業すると後悔する」って思った。

で、ついに決意。
私は、来年休学して、バックパッカーで旅に出ます!

だから、あれほど、就職の相談にのってもらったり、応援してもらったにも関わらず、
就活は来年まで持ち越しとなります。

ナカムラさん達にはお世話になったにも関わらず、
突然「就活しません」とかいうと「ハァーー?!」ってなるので、(私だったらなる)
その経緯をお伝えしたかった次第です。

しかし、こんなに長くなってしまうとは!
THE・超ウザ長文メール!って感じですね〜

この際だから、もっと書き足して、とことんウザくしてしまいます!(笑)
目指せ!ウザうざメール ギネス!!

細かく書き足しちゃうと、休学を決めた理由↓

@「どっちに転んでも後悔するなら、やらぬまま後悔するよりやってから後悔すべし!」
私のモットーは”後悔しない生き方”なはず。このままだと納得しないまま卒業することになる。
それでいいのか、おい、自分!

A失敗あっての学ぶことあり。失敗してなんぼ。
案ずるより産むが易し、
若いうちはチャレンジ精神を忘れないでいきたい。
それにカンボジアいって思った事は、旅は若いうちしかできないかも。
出来る可能性が限られてくる。体力的にも精神的にも。

Bまだまだ学生時代、やり残したことがある!
 旅以外にも、やってみたかったこと、やりたいことが、まだまだたくさんあるという事実。
 このままじゃ卒業できひん。
 自分に一年間時間を与えてあげたい。これが、時間をあげれる最後のチャンス。

C「いつか行きたいって言ってるけど、今決断出来ないことが、
  社会人になったら決断できると思う?」BY先輩
  確かに。
  年をとればとるほど、自分を取り巻くしがらみは増える。
  結婚してるかもしれない、子供がいるかもしれない、親が倒れるかも...?
  そう思うと、一番自由が利くのは今。

D「学生という身分は他にはない特別な特権である。
  それを最大限に利用して欲しい。」BY社会人の方

E「選択肢を選べるという環境はすごく恵まれていること。
  それなのに、せっかくのチャンスなのに選ばないのはなぜ?」 BY友人

F「休学はネックでなくて、キャリアだ。」BY休学してる友達

G「おまえ、一年くらい休学しとけって」
 「実践してないのに頭で決めるなて」BY兄

H「時間が欲しい。
  自分を試せる時間がほしい。
  自信を持てるように時間がほしい。
  もっといろんな価値観や刺激を受けたい。
  感受性を高めたい。
  このままの自分じゃだめだ
  旅に出ることが本来の目的じゃなくて、休学の手段だったとしても」 BY自分自身

 

でも、なんだかんだいても来年の秋には就活本格的にしたいので、
実質は半年休学です。

世界は無理かもしれませんが、
とりあえずバンコクーラオスーカンボジアーベトナムータイーマレーシアーシンガポールと、
東南アジアを回って、ミャンマー、バングラディッシュを寄ってインドまで抜ける
つもりです。それでトルコまで行けたらヨーロッパも周りたいな〜
と思いつつ、一時分割して、カナダ&アメリカにしばし住み着こうかな、とも。
本当はヨーロッパ中心でいきたいけど、アジアとヨーロッパはかかるお金が差がすごくて;
プラン練り中です☆
でも今の私には可能性は無限大なんで!

うわー熱く語ってしまった!

 

あ、一番最初の用件に戻ります(バイトの件)
そういうわけなので、4月に出発を目標に1、2、3月で50万ほど貯めようと思ってます。
死ぬ気でバイトしようと思ってて、たぶん掛け持ちとか深夜とかすると思います。
なので、せっかく先斗町のお話、振ってくださったのに、
申し訳ないです。おそらく時給1000くらいの派遣とか、深夜料金UPのとこで
してしまうかもしれません・・・
せっかくなのに申し訳ないです!><しかもお返事遅くなってごめんなさい。 

 

ほんとに、長すぎて、何がいいたかったのかわからないくらいになって
しまいましたが、

とにかく====で就職の相談乗ってくださった方に、
「今年は就活しない」という報告をちゃんとしたかったのです。
でも来年はまた改めてしますので、また来年厚かましくもご相談を持ちかけているかもしれません(汗)

ナカムラさん、マツザキさん、&編集部の方々
ありがとうございました!そしてこれからも頑張ってくださいー。
またPOPの件でお邪魔したときは、遠目にひそやかに応援のエールを送っておきます
(さすがに今までちょっと厚かましすぎたので、反省;)

ではでは
なんのメールか解らなくなってすいません;

                                     


PS 毎月読んでますよ〜。でも最近、編集後記なくなりました?

 

posted by y at 00:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月12日

新撰組!

ほんとにたまたま、テレビをつけたら
新撰組の最終回でした。
今まで見てなかったのにあまりの偶然に思わず見てしまった。

最終回だけしかみてないくせに、
よかった、と思えた。

それぞれのキャスト演じる歴史上の人物が魅力的である。
一生懸命さが伝わってきた。
この人達の延長線上に私達がいることを忘れてはいけない。


香取信吾おつかれさま。
山本耕治、個人的には「ひとつ屋根の下」で結構すきだった。
藤原竜也、うん、いいですね。
ぐっさんもはまってる。

そして今回思ったけど、なんといってもオダギリジョー。はまり役。
色っぽい。艶っぽい。ぞくぞくさせるセクシーさにやられました。

いい、オダギリジョー。
posted by y at 22:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欠無

誰がなんといおうと私には欠けているものがある。

どうしても手に入れられないもの

どうあがいても私にはないもの

皆は大したことないかのように、それを持っている
さして価値がないかのようなそぶり

でも それは私にとっては喉から手がでるほど
欲して、
でもそれは私には欠けていて
その現実を目の当たりにするたびに
自己嫌悪に陥る


このまま
不完全なままで
このまま
毎日を永遠に繰り返していくんだろうか

他人を見て羨み、
そしてその分 自分を卑下する。


もしそれが私にあったなら
私はきっと自分に自信がもてただろう
もっと積極的になって
自分のしたいことを
躊躇することなくトライしてるだろう

このしがらみさえなければ

きっと。



でも、そう思ってる時点で、
もう私はだめなんだろう
精神的に、きっと 劣っている
posted by y at 00:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

I can tell you only this word

You are in a turning point now.
it progresses to which ?
it -- you -- order Deciding is also you.
Progressing is also you.
Therefore,
I want you to choose how and the direction of which it does not repent.
I want you to believe the thing which he wants to do.
Free [ which it can say to me / one ]
I go my way.
Therefore, move on your way,
without your being also afraid.
which is overflowing with smile is prayed
every day which you pass some day it to be [ after what year ].
posted by y at 00:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

∞のような

あーーーいやだ
いやすぎる
いやすぎる
いやすぎる
いやすぎる
いやすぎる




C'est la même matière de non
qu'il peut devenir quel environnement après tous.
Il ne peut pas s'échapper durant toute la vie.
Il n'est pas libéré.
Comment les environnements sont-ils passés ?
que m'aide ce qui comment est-il a économisé s'il effectue ?
S'il fait de ce monde qui peut être dit également comme infini,
comment peut-il se échapper ?
Aide quelqu'un. Elle est déjà désagréable.






posted by y at 00:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月11日

無題

もう、うちあかんわ。


なんとなくそう思う。
posted by y at 23:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あたまん中に占める妄想

また一日終わってしまいました。

今日は結構精力的に動いたつもりなのに、
あとやらなかんことを書き上げてみると
全然こなせてないことが判明。

 

あと、年末にしようと思ってたバイトが、
実務経験なしだからと断られました。
時給1500の単発は熱かったのに。

でもその代わり、試験監督に受かりました。
とりあえず7000円はゲット。

明日はまた年末年始の居酒屋バイトの
面接に行ってきます。

本格的にフリーター並に働けるのは1月からやけど、
12月中にも合間をみて働けるのならば頑張って稼ぎたいところ。
12月だけで10万稼ぐことを目標に予定組んでるのですが、
なかなかうまくいきませんねー。

 

今日、100均で世界地図を買ってきました。
またも、旅のプランやルート立て、よして予算計算をしてる毎日です。

やっぱヨーロッパは高いなあ。
とりあえずアジア・中東か。
細かく計算してても、滞在費+αのαの部分に結構金かかることが判明。

まず飛行機代。
で、VISA代。<東南アジアこれ高いんだわ!しかも日数かかるんだわ!
なんでこんなにあちこちVISAばっかりいるのか!
インドなんて6ヶ月もいらんから、安くしてくれ。
あと、ベトナムのVISAの高さに圧巻。やだわ。でも行くけど。

あと保険代。現地移動代。
あとあとこれに、ぼったくられたり、ふっかけられたり、
もろもろと加算されてくるでしょう。

 

飛行機代いかに安くするかだよねー。
やっぱねらい目はビーマン・バングラデッシュ。
ぼろくても、世界一落ちるといわれても、悪評高くても
安さにかなうものはない。でも成田からのみ。
くそーー
関東人だけのひいきだー!
成田までのバス代+電車代を考えると往復でやとかなりかさむ。
難しい・・・

いまんとこ、バンコクまでのOPENでとりあえずバンコクinで飛んで
(できれば上海にSTOしたいな)
陸路でバンコク→チェンマイ→ビエンチャン→シェムリ→プノンペン→ホーチミンと
タイ・ラオス・カンボジア・ベトナムを陸路で廻ってから、
南下するか?!(島にも行きたい。島もはさむとして)
マレーシア・シンガポールとマレー半島横断でもするかな。
でもどちみち玄関はバンコク。カオサン。
それでバンコクからインドまでの行程の中で、
STO追加料金でミャンマーとバングラディッシュに寄ってからカルカッタでインドinしようかな、と。

うーん、したら、日本から→インドまでのチケットですべてをSTOとして組み入れるのか、
それとも、バンコクで一度区切ってあらためてカオサンでチケット手配するのか、
結局はどっちが安いんだろう?
期間制限は? 確実性は?

とりあえずアジア→インドまでのルートは大体頭に描けたにせよ
(これもカンボジアで出会った多くの旅人達の情報提供のおかげ)
個人的には一気にトルコまで抜けたい。
トルコは絶対押さえておきたい国だし。
でも、トルコまでの道、パキスタン、アフガン、イラン、イラク、ヨルダンとか。
これ、今は結構危険だし出来れば捕らえられるような馬鹿な日本人にはなりたくない。
うーん。
どうしようかな・・・
トルコは次のヨーロッパ周遊編に組み込もうかな・・。
あーでもトルコはヨーロッパとは別枠で行きたいところー。あーあーどうしよー

カンボジアで会ったしゅうちゃんが
そいえば次インド行くっていってたな。ハンガリーまで抜けるっていってたし、また情報もらおうっと。

 

あー、またこんなことを考えている毎日。

ていうか、レポートやれよ、仕事しろよ、って感じなのですが。。(汗
でもなんかわくわくしてきました。きゃっ*

あとはやっぱり金銭問題。

後のアメリカ・カナダへの長期滞在も考えると、
3月までに50万貯めたい。

3ヶ月で50万・・・いけるでしょーか。
今のとこの計算では、日中に普通の事務系や派遣系のバイトをして(8H)、
その後に、居酒屋や夜遅店で深夜まで働けばなんとかなりそうな予感。

最初は、例のごとくまたリゾバか住み込みに繰り出して稼ごうと思ったけど、
いや、こっちにいるほうが昼も夜も働けてむしろ稼げるかも。
だって、住み込みの寮費とか食費もばかにならないし。

12月、年末年始にちょっとでも稼げれば、残り3ヶ月は少しは楽になるでしょーか。

宝くじ当てたい。
・・・・いや、地道な努力のみ。

posted by y at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

女の命を紛失

化粧ポーチが紛失しました。

正直、泣きそうです。

だって、あれ女の命やんかー(;;)

中身はなんだかんだいって、総額は万を超えてるはず。

はあ、今までコツコツためた化粧品が。。

明日からどうしよう・・・

マジ泣ける。

女の魂を返して〜!

posted by y at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月09日

現実に引き戻される

やばいです。相当。

日本に帰ってきてから、
やっぱりまだ抜けきれずにぐずぐず浸っていました。
むしろあえて気持ち切り替えないようにしてたり。

したら、気づかないうちにありえないくらいに
課題やら仕事やらが溜まってました。

やばし!;

来週とかあんまり予定ないわ〜へへ〜ん、とか思ってたら、
ゼミのレポートX2、実習の完成項提出、某コーナーの取材、
某出版社のセミナー、あと友達の誕生日、そして記事の締切日、
あと、単発のバイト・・・と埋まっておりました。

ぽかーん。

なんか休学を決めて、就活をしないことを決めて
ちょっと気が緩んでたのかな。

休学するならするで、それなりに予定やしなあかんことが山積みに
なってくるという現実を忘れていたようです。

教授にも話しにいかなあかんしな、あとカンボジアで休んだ授業のフォローとして
レポートも出しとこうかな、とか、

あとは金銭問題。毎日お金の計算してていややねんけど、
4月には発つという目標を決めて、それまでにいくら稼ぐかが問題。

当初の予定は月20万稼ぐつもりだったんだけど、不可能とういことが判明。

月15×3かな。でも45万かあ・・・

少しでも稼ぐために、12月から頑張ることに。
年末は居酒屋で44時間ぶっつづけバイトというのにチャレンジします。仮眠は少しもらえるよーですが。

あと、合間を縫って、派遣のバイトを入れていってます。

でも現実は案外時間ないことに今頃気づきました;

来週やばくない?!

でも、夏のインターンメンバーと朝まで他己分析会を実行する予定。
どんなに忙しくてもこれだけは譲れないんだわ。絶対する!

 

いや、人間、若いうちはまだ無理が効くもんざんず。

posted by y at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月04日

ビネツ

日本に帰ってからずっと微熱が続いている。
体がダルイ・・・

しんどい・・・

変な病気かかったんやろか。
確かに、どんな病気にかかってもおかしくない環境やったけどさ。
マラリアとかやったらいややなー

検疫ひっかかったしな。

 

てことで言われたとおり、
病院にいってきました。

今、血液検査の結果待ち。

とりあえずSARSじゃないらしい、
よかった
外には出られますわ。

posted by y at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月30日

インドから


インド沖の地震。

これが起こったとき私は寝てました。

起きたら母がなにやら叫んでました。
「にーちゃんが!!!!」


?!



TVをつけるとインドで地震が起こり大被害が。

え、・・・って。
うちの兄ちゃん、いま、インド。

ちょっと前インドのバラナシからメールが来て、
今から南下するとかいってたな。

え、


ちょっと 

やばいんじゃあ。



兄にメールを打つ!
打つ
打つ。

ARE YOU SURVIVE?!


返事がこない。

日がたつ。

母が怒っている。

「もう、あんたまで旅に出るなんていかせへんよー!」

とかいってる。
まあ、気持ちはわかるけどさ。


兄とは、
すごく仲が悪い兄弟でした。
ほんまに血みどろの喧嘩を何度したか。
ちっちゃいときは、
ほんまに毎日泣き喚いてました。
今から気付くと兄の暴力と同時に私も言葉の暴力もってたんだけどね。

でも中学3年のある晩の喧嘩から、
お互い「交渉」で喧嘩を回避できるようになりました。
くってかかりそうな口論だけど、
兄は手を出さなくなった。
その晩から口で解決出来るようになった。

それからは
ちょっとずつ話すようになり、
うちの兄が下宿で家を出てから
たまに帰ってくると
ぽつぽつとお互いのことを話すようになり。
私が家を出るときも
引越しの荷物を車で全部送ってくれたのも兄で。
私の休学を一番に押してくれたのも兄で。

普段はそんなにしゃべらないけど、
たまにしゃべるとお互いのコトを結構心配し合っているんだな、って思う。




インドからのメールで、
どうなんインド?って送ったら、英語でメールが来て、
肌荒れがすごいとかカルチャーショックとかブッタガリアがどーとか。
で、最後に
congratulation your KYUGAKU
ってきた。


それっきり。

もしかしたら、これが最後のメール?
と思った。


ら。


ついにメールが来た。


"IKITERU"


って。
生きてるみたいです。

良かった良かった。


ほんまに、こんなとこで死んでもらったら困るって。
これからやろうちら兄弟は!




インド。

結構うちの友達が今言ってる。
カンボジアから一緒に国境越えした将ちゃん。
生きてるらしい。喘息がひどいらしい。
サバキャンで一緒だったエコ。
エコから連絡がこない。

大丈夫かしら。


でも、みんな そんなやわじゃないわ。

って、そういう問題じゃないか。
posted by y at 01:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

my own word?

言葉というのは難しい。

 いやいや、むずかしい、

 「自分の言葉でしゃべれ」というのは
 うちの教授がすっぱくいうことであり、シュウカツしてても
 セミナーのお偉いさんがその重要性を熱く語っています。

 話すときも
 出来るだけ素を意識しているつもり
 文にするときも
 かしこまった文章や堅いものよりも
 口語的なほうが自分らしいと思うので
 ちょっとバカっぽいなと思いながらも
 素でかいてるつもり
 


だけどこの前
ある人に”人の言葉を借りて使ってるとこない?”
と指摘された。
その人は、別に攻めのつもりでいったんじゃなくて
うちのことを思ってこそ言ってくれたわけで。

確かに確かに。

うん、あるかも。


ああ、この言葉いいなー
とか、いいこと言ってる、ってのは
後で自分の辞書に足したりする。


でもそれって、やっぱり
解る人にはわかることで
ちょっと鼻につくことなのかもしれないなー。

そう考えると
自分の言葉ってなんだろう、
って思う

今しゃべってる言葉は
私の口から出たことではあるけど
私自身の言葉だという確証はない。

逆に自分だけの言葉ってなに?


うーん

ちょっとわからなくなってきた


ただ一つ言えることは
結構わかる人にはわかるってことで。
自分の取り繕ってるとこを
見透かされた気分。


もっとバリアを張らなければ!!!
posted by y at 01:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月28日

写真

写真をもらった。

どれでも好きなのとってもいーよ。って


フィルム写真の綺麗さにびっくりした。
普通のカメラだったのに、こんなに鮮やかに発色するとは。

デジカメ写真とはまた違った良さがあるね


私が選んだ写真は3枚

スランスランの湖と、ラオスのどっかの砂漠と、
それと3人でプノンバケンの夕陽をバックに撮った一枚。
三人ともめっちゃ笑顔で、「制覇!」って顔してる。




写真を眺めてて、
「懐かしいねー」っていってる自分がいて、
でも、そう言ってる自分がちょっと寂しい。

ナツカシイ。
そう、もう過去になってしまうのかなぁ。

この景色と光景は、
いつでも記憶の中では思い出せる、
けど、
この瞬間は写真のフィルムの中でしかない。

過去のこと。

時間の流れは止められない。

どんな素敵な一瞬一瞬も
次のときには過去となってしまう。


机の横の壁に貼った
この写真。

これは私の中ではだんだん「思い出」になっちゃうのかなあ







image/sakamaki-2004-12-28T22:31:20-1.jpg









posted by y at 22:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月25日

X'mas

image/sakamaki-2004-12-28T22:34:51-1.jpg


☆HAPPY MERRY christmas☆

Today is a very special day for people of aii over the wolrd.

I wish all people can pass this day feei happy and with smile, i wish.



メリークリスマス☆
今年のクリスマスはひょんなことから予想外の東京に。
予定は狂いまくりでしたが、
くるったからこそ結果的にはすごく楽しいXマスとなりました☆

Xmas is not only couple's day.
with a family
with the friends
If there is the heart with enjoying the day to each other,
A great day comes at each.


突然の上京と予定変更に私に
わざわざイブの日に付き合ってくれた東京の友達に感謝!♪
ほんまにありがとう。
噂の六本木ヒルズを見てきました。
いやーすごい!
さすが東京。イルミネーション。
うちの歴代のクリスマスと比べても
とってもナイスな一日を過ごせました♪






その後、夜行で帰るつもりが、
ホーム間違えて乗り遅れ;仕方なく漫画喫茶に泊まり
翌日18切符で9時間かけて大阪に戻りました。

なんたって今日はコブクロのクリスマスコンサート。
なんとか間に合いました♪

最高のコンサート。
とっても最高のクリスマスだあ
image/sakamaki-2004-12-28T22:34:51-2.jpg

posted by y at 22:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月23日

2℃

2℃。

そりゃ寒いわけだわ。


電車のなかでも
待合室ですら 極寒。

凍えそう…凍死するわ…

そーいえば今年一番の寒さっていってたな…
多分暖房とか追い付かないじゃぁ…

し、死ぬ。

冬って死活問題だわ
posted by y at 22:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月19日

color change

ネットカフェより。
只今3時30分。

先ほど、知り合いの美容師さんのイベントでカラーを1800円で
やってくれるイベントに行ってきました。

就活をしないことを決めたから、
黒染めしようと思ってた髪はそのままなんだったけど、
あまりにもプリンが激しかったので。
今の色も気に入ってたので、このままリタッチだけにしても
1800円は安いし、
いつかこの髪もなんとかしやなーと思ってたとこだったので
ちょうどいいかな、と。

なぜかPM9時〜AM3時ということで、
終電で帰れない覚悟でいきました。

でも、なかなかその場所がわからなくて、
深夜1時くらいにアメ村周辺をウロウロしてた。
なんかめっちゃ怖かった。
人が、というより
やっぱり私は車が怖い。

謎に接近してスローで通り過ぎる爆音のクルマとか。こわい。
聞いた話によると、
まえ、このへんで明け方に
クルマから裸の女の人が投げ捨てられたらしい。
怖い。
怖すぎる。…

なんとかその美容院にたどきつきました。

その知り合いは、高校の部活の先輩で、
同じ楽器をやってた私に教えてくれた直属の先輩♪
久々の再会に
お互いきゃーきゃーいってました☆

うちの高校は大学までいけたはずやのに、
その先輩は推薦をけってまで美容師になりたくて専門にいったひとで。
結構有名な大学やし、周りにはかなり反対されたみたいやったけど
うちは、周りに流されずに
自分のやりたいことを選んだその先輩の選択と生き方がすきや。

久々に昔の懐かしトークに花がさく。

「今、美容師してて楽しい?」って聞いた。

そしたら、
「うーん。どうなんやろうなあ、わからへん。
楽しいこともあるけど、つらいこともいっぱいあるし。
何度も美容師やめようやめようって思った、けど、
最後にはやっぱり続けようって思ってる」
って。

それって、なんだかんだいって、Aさんにとって、
美容師が適職であり好きなんだなあ、って思う。

私も、そんな仕事ができたらいいな。



そのイベントはめちゃくちゃ広いとこで、
スタッフもいっぱいいて、みんなお洒落でかっこよかった。
BGMもちょっとトランス系だったりして、
クラブイベントの要素も感じられました。

いやー、なんか、これぞ「華やかな仕事」って感じやわ。
皆きらきらしてるわ。若いわ。

でも、うちにはこういう職場はあわんかもなぁ
だって、毎日お洒落していかな許されへん感じやん。
服代かかりそう・・・;


で、店を出たのは3時。
とりあえず夜が明けるまでネットカフェです。

結構ネットカフェ好き。最近、すごい設備いいし。
入ったとき、なんかわくわくするわー
何読もう、雑誌?漫画?
DVD見ようかなーとか、TV見ようとか、ネットしよっかな、
あ、シャワーもあるんだーとか、
ドリンクなにしようーとか。
結構わくわくですわ。
今から映画みよーっと。あと、読みたかった漫画もよもーっと。



ちなみに、髪の色ですが、
「赤系は避けて」ってことで、パール入りのアッシュ+カッパーベースに
してもらいました。

出来上がって…

はて。赤色なんですけど…
きれいな色やけど、 、、

でも私、赤は似合わないわぁ・・・。


どないしよう・・・;
posted by y at 04:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月15日

ゴカイ

ゴカイって怖い。

自分が誤解されてるかもと思い始めると、すごく気にかかるし
相手に対しても臆病になる。
相手も相手で、ゴカイしている と思われてると気分が悪い。

 

お互いがお互いで気分が悪い。

そのまんまでいると、疑心や不信に繋がりかねない。

 

思い切って直接きいてみると、
案外自分の単なる思い込みだったことに
気付いてほっとしたり。

やっぱり聞きにくいことでも
そこをちゃんと伝えないと
ミスコミュニケーションが起こる絶対。

5人で一緒に住むことって
かなり難しい。
どこまで気を使っていいのか、
距離を保てばいいのか、
微妙なバランス。

でも、自分の気持ちを正直に相手に伝える、
相手の正直な意見をちゃんと聞き出すことって

すごく大事。

そんなことを思った。

posted by y at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

取材<冬編>

本日は取材にいってきました。 今回はあったかスポットってことで。
でも、どこをピックアップするかで、もんもんと悩み、
せっかく選び抜いたところに、アポ取りの段階で断られまくり
結構準備にてこずりました。
ほんとは、おでん専門店取材したかったetc
でもでも何だかんだいって、本日もとても楽しく取材出来ました。

よかったよかった〜


岩盤浴 癒されますぅ〜

午前はとある岩盤浴のお店に。店の都合上、体験は一人だけやったんやけど、体験した子は汗だくになってました。うわ〜お肌つるつるやぁゆうてました。撮影のためにちらっと入ったけど、蒸気だけでうちも暖かかかったわ〜

 

午後からは嵐山に。春の取材以来なので、おひさびさ。
でも結構近いんだよね、20分くらいで原付でいけちゃった。
冬の嵐山も綺麗。やっぱり京都だいすきやぁ☆ 

 

ちと寄り道。 京福嵐山駅新しくなった京福電車嵐山駅。雰囲気ある〜

次の取材まで時間があったので、
嵯峨野のほうまでウロウロしてみました。

嵯峨野、ちゃんと来たのははじめて。(これがちゃんとしれるか謎やけど)
飛び入り取材の店を探してうろうろ。
したら、おもしろいぜんざいを置いてるお店を発見。

飛び入り取材で快く引き受けてくださいました。
どういうぜんざいかは誌面で書くからここにはやめとこっと。
でも、なんか「初めての味」やったわ。

絶妙なバランス。 これは普通?の抹茶+あずきのぜんざい。魅惑のやつは秘密。

嵯峨野、なんか京の香りがしました。
すごく「京都」を意識した京らしい町並み。
個人的に夏の取材でいった貴船に
似てると思う。

ほんでからせっかくなので、噂の心霊スポットのあのトンネルを越えて、
保津川、清滝らへんまで行ってきた(笑)
冬の清滝は寒い!体感温度が下がる下がる。  

 

最後は、私がずっと行きたかったスポット。
これのために、今回この特集にして、
それでこのために嵐山に来ましたというくらい(笑)

その名もずばり、「足湯」

なんと駅の構内の中にある新しく出来た足湯なのです。
一人150円でタオル付き。
ふらっと寄りたくなるよお〜

案内されて、いざ足湯にじゃぷん。

うーん絶妙のお湯加減。いい。いい。

いちお伏せ画。

ふわーーーー

ってなる。すぐ横を電車が通っていく。
ホームの中の、簡易銭湯みたいな気分。

ああ・・極楽。

ずっとここに何時間もいれるわーって思う。

時間の都合で撮影してちょっとしたら引き上げちゃったけど
もっと浸かっていたかったよー。

取材のアポした担当の方も良い方で、
すごく満足でした**

 

今日は、身も心もあったまる日でした。
ぽかぽかですわ。

事前準備やアポ取りやルート決めは大変だけど、
いやあ、やっぱり取材いい☆

 


               

 

posted by y at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月14日

怒りの寒さ

なんでこんなに寒いのか!!

寒すぎません?

原チャにのってたら、手が凍傷になりかけました。
この厳しい寒さに、信号待ちのときなんてむしろ笑けてしまう。

しぬ!

しかも夜が更けるにつれて、鬼の亡者のような極寒。
殺す気ですか。
もーーほんまいややわあ、冬。

友達からメールが届いたよ。
いまサムイ島で常夏だってさ、もう一人はラオスだってさ。
あーずるい。
この温感の差は何?!
頭の中だけでもトリップしようかと思うけど、
片付いてないことが多すぎてなかなか集中できませぬ。

とにかく さ!!む!!い!!!!!怒るくらい寒い。
許されるならば、私はダウンジャケットに、強盗マスクつけて、スノボウェアはいて、マフラーぐるぐるまきにして街を歩いてたいんですけど。
posted by y at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月13日

K社セミナー

久々にスーツを着ました。

嘘です。
昨日は試験監督のバイトで一日スーツでしたけど。

いや、シュウカツのためというスーツでは久しぶりです。
一時期はあんなに毎日着てたのに・・・

 

おそらく、今年度参加するはこれで最後となるセミナーに行ってきました。
某大手出版社のやつで、セミナーの選考に受かったので。

すごい人数でした。
やっぱり編集職は魅力。
でも、どこか、以前と比べて自分的に場に浮いてる気持ちになりました。

きっと自分自身の求める場所が今はここではないことを
意味しているのかな。

でも、お話聞けて良かったです。
行って良かったです。
突然誰かに呼ばれて、?と思って振り返ったら、
なんと、某サークル編集長の・くんに偶然会ったし。

コトシメとなるセミナーで、同じ業界志望の誰かに会えてよかったかも。

 

あ、最後の課題がおもしろかった。
個人的にはああいうなん好き。燃えました。

posted by y at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

休学を決意した理由

休学を決意したまでの経緯。

ブログでもちゃんと改めて書こうと思ってたけど、
さっき書いたメールが結構ぜんぶ網羅してたから、
もう一度書くのめんどいのでとりあえずコピペ。
(いちお、会社と個人名は伏字にしとこっと)

これは某出版社の編集者さんへのメール。
すんごいお世話になった&すごい就職(出版業界)に相談のって
下さって、応援してくれて、
今でもメール交換してる人。尊敬するNさん☆

==================

さんへ☆
ご無沙汰しています、です。

先日は、バイト紹介の件のお話振ってくださってありがとうございます!
返事おそくなってごめんなさい!

その返事もかねて、・さんに伝えたいことがたくさんありまして・・・

一体なにから話せばよいのやら;と迷うくらい自分の中でも整理できてなかったの
ですが・・・

でも、とにかく、夏にいろいろ私の就職の相談にのってもらった
・さんや:さんや、その他いろいろ就職相談のってくださった方々には
ちゃんと伝えておかなければ、と思いまして。

でもどこから話せばいいのやら・・・;

たぶん熱く語ってしまうと思いますが
よかったら聞いてやってください。

突然ですが、私には2つ夢があります。
一つは、将来の夢。「編集者になりたい」ということ。 
そしてもう一つは人生の夢。「世界を廻りたい」ということ。
どっちも自分にとっては大事な夢なんです。

※後者の夢↑
人生の中で、絶対世界一周したい、世界を廻りたい、もっといろんな国を見たい、
実現しないままには絶対死ねるかーって思っています。
でも、それは「旅行」とか「ツアーパック」とか用意されたようなリョコウや、スーツケース持って、ホテルに泊まって、
与えられた観光地を巡って...とかいうのには興味がなく、
もっとアグレッシブな「旅」がしたいんです。登山用バックパッカーで、安宿を泊まりあるいて
放浪するような旅。それでこそ、その国の本当の姿に触れられると思うから。

でも、まあ、それは”いずれ実現したい夢”であって、
今じゃなくても、一度働いてからお金貯めてから行こうって思ってて。

だから、今は、将来の夢の方の「編集者」に向かって頑張ろう、
就活も本格化するし、よーしシュウカツ頑張るぞーっって意気込んでた訳です。
夏・秋までは。

だけど、就活に本腰を入れれば入れるほど、だんだん疑問が沸いてきたんです。

 就活するに当たって、
自分の将来のライフプランや、キャリアプランを考えて。
それで、逆算して、今どうすべきかを考えていたとき、
今のままじゃ私の 「編集者になりたい」って夢と、「世界を廻りたい」って夢が
現実的に考えると両立するのが難しいことに気づいたんです。

就職すると、お金は出来るけど、時間がなくなる。
長期で海外をバックパックで廻ろうなんて思ったら、”仕事をやめる”という選択をしない限り
無理ですよね。
一年とか休み取れるわけないし。
でも私はやっぱりいつか旅に出たいと思ってて、だから、
現在の就活の中であらゆる企業を廻ってても、
「でも、どうせ旅に出るためにいつか辞める、転職するんだろうな〜」
っていう風にやめることを前提に見てる自分がいて。

でも、それって違うんじゃないかなーって思いまして。

シュウカツしてて思うんですけど、世の中には結構魅力的な企業ありますよね!
わーここの会社の理念いい!とか、
ここで働いてる人達が素敵だ!とか、。。
で、私もここで頑張っていきたい、って思いますよね。
そこで全うしたい!と思えるくらい会社に惚れ込んでこそで就職したいし。

でも私は「いつか辞める」と漠然に思っている。
それっておかしいのでは?

せっかく就職するのに、途中で辞めることを前提に考えるのっておかしい。そういう発想
で適当に選びたくないなーって。
それに、出版社・編集者になりたい、雑誌作りたいんだったら下積みも考えて
長期プランで考えなきゃなって。
もし、チャンスがめぐって出版社に入れたとしたら、せっかく掴んだチャンスを
辞めるなんてできないし、辞める選択なんてできない。

旅の夢と将来の夢。
社会人になってみると、どっちも掴めるのは難しい。
どちらかを捨てなきゃいけない。
おそらく捨てるのは旅のほうだろうな。

でも・・・・

それでいいのか、自分。

って思うと、
もしかしたら学生である今が一番、世界を見たいという夢に手が届く場所にいるのでは?

そう思い始めて、休学という選択が頭をよぎりだした秋口。
でも、どうしよう。
このままでいいのかと、もんもんもんもんとする日々。

でもやっぱりなかなかレールから外れる勇気が出なくて、そっちを見ないようにしてたんです。


思い起こせば、
そういえば、昔オーストラリアに短期留学に行ったときに、
「来年休学して絶対ワーホリでもう一度長期で行く!」って決めたはずだったのに。

でも、結局休学しなかった。
その時の私の中では、得られるメリットよりも、行くデメリットの方が大きかった。
今から思うと、夏前からインターンやら就活をしてわざと就活を軌道にのせることによって
”休学の方向を見ないように”
そむけていた自分がいたことに気づいた。

なのに。
またも目をそむけるのか、自分!
これでいいのか、自分!
やりたいことなんじゃないの?また逃げちゃっていいの?

もんもんと悩む日々が続く。
休学して旅に出たい、
でも、そこのリスクも目につく。
女の子一人旅って、怖いんじゃないのか、殺されるんじゃないのか、
第一、自分は体力的にもやっていけるのか
休学することによって、今まで築いてきたものや、
せっかく出来た就活仲間を捨てることになる。
一年後復帰したとしても、なくすものは多いんじゃないか etc

もんもんもんもん、と悩んだ末、
「頭で考えててもラチあかんわ。とりあえず試してみるべし!
ってことで、先日カンボジアに行ってきました。
航空券チケットだけ買って、リュックしょって、
あとは現地ですべて。宿もなんも決めずにいって、
バンコクから陸路でカンボジアまで抜け100円の宿とか泊まり歩きました。
いろいろ苦労やつらいこともあって自分の限界を感じたけれど、
限界を知れたからこそ、そこを回避できる打開策が解ることができた。
旅中に対してのアンチ日本人だとか、一人にこだわるといった変なプライド捨てよう。とか
頼れるとこは頼ってもいいんだ。とか。
そしたら、今まで思ってた不安から一気に前がパァーと開けて。
それから、カンボジアですごい素敵な旅人たちに出会えて。励まされて。
現地で会った彼らが次はラオスに...とかベトナムから来た・・・とか
言ってるのに、私の次の進路は「日本に帰る」だったのが悔しくて。(笑)
くそーずるい!私も廻りたい!
行きたい!行こう!ってなりまして。

日本に帰って、また企業セミナーとかいにいってみたけど、やっぱり違和感があって。
「このまま卒業すると後悔する」って思った。

で、ついに決意。
私は、来年休学して、バックパッカーで旅に出ます!

だから、あれほど、就職の相談にのってもらったり、応援してもらったにも関わらず、
就活は来年まで持ち越しとなります。

ナカムラさん達にはお世話になったにも関わらず、
突然「就活しません」とかいうと「ハァーー?!」ってなるので、(私だったらなる)
その経緯をお伝えしたかった次第です。

しかし、こんなに長くなってしまうとは!
THE・超ウザ長文メール!って感じですね〜

この際だから、もっと書き足して、とことんウザくしてしまいます!(笑)
目指せ!ウザうざメール ギネス!!

細かく書き足しちゃうと、休学を決めた理由↓

@「どっちに転んでも後悔するなら、やらぬまま後悔するよりやってから後悔すべし!」
私のモットーは”後悔しない生き方”なはず。このままだと納得しないまま卒業することになる。
それでいいのか、おい、自分!

A失敗あっての学ぶことあり。失敗してなんぼ。
案ずるより産むが易し、
若いうちはチャレンジ精神を忘れないでいきたい。
それにカンボジアいって思った事は、旅は若いうちしかできないかも。
出来る可能性が限られてくる。体力的にも精神的にも。

Bまだまだ学生時代、やり残したことがある!
 旅以外にも、やってみたかったこと、やりたいことが、まだまだたくさんあるという事実。
 このままじゃ卒業できひん。
 自分に一年間時間を与えてあげたい。これが、時間をあげれる最後のチャンス。

C「いつか行きたいって言ってるけど、今決断出来ないことが、
  社会人になったら決断できると思う?」BY先輩
  確かに。
  年をとればとるほど、自分を取り巻くしがらみは増える。
  結婚してるかもしれない、子供がいるかもしれない、親が倒れるかも...?
  そう思うと、一番自由が利くのは今。

D「学生という身分は他にはない特別な特権である。
  それを最大限に利用して欲しい。」BY社会人の方

E「選択肢を選べるという環境はすごく恵まれていること。
  それなのに、せっかくのチャンスなのに選ばないのはなぜ?」 BY友人

F「休学はネックでなくて、キャリアだ。」BY休学してる友達

G「おまえ、一年くらい休学しとけって」
 「実践してないのに頭で決めるなて」BY兄

H「時間が欲しい。
  自分を試せる時間がほしい。
  自信を持てるように時間がほしい。
  もっといろんな価値観や刺激を受けたい。
  感受性を高めたい。
  このままの自分じゃだめだ
  旅に出ることが本来の目的じゃなくて、休学の手段だったとしても」 BY自分自身

 

でも、なんだかんだいても来年の秋には就活本格的にしたいので、
実質は半年休学です。

世界は無理かもしれませんが、
とりあえずバンコクーラオスーカンボジアーベトナムータイーマレーシアーシンガポールと、
東南アジアを回って、ミャンマー、バングラディッシュを寄ってインドまで抜ける
つもりです。それでトルコまで行けたらヨーロッパも周りたいな〜
と思いつつ、一時分割して、カナダ&アメリカにしばし住み着こうかな、とも。
本当はヨーロッパ中心でいきたいけど、アジアとヨーロッパはかかるお金が差がすごくて;
プラン練り中です☆
でも今の私には可能性は無限大なんで!

うわー熱く語ってしまった!

 

あ、一番最初の用件に戻ります(バイトの件)
そういうわけなので、4月に出発を目標に1、2、3月で50万ほど貯めようと思ってます。
死ぬ気でバイトしようと思ってて、たぶん掛け持ちとか深夜とかすると思います。
なので、せっかく先斗町のお話、振ってくださったのに、
申し訳ないです。おそらく時給1000くらいの派遣とか、深夜料金UPのとこで
してしまうかもしれません・・・
せっかくなのに申し訳ないです!><しかもお返事遅くなってごめんなさい。 

 

ほんとに、長すぎて、何がいいたかったのかわからないくらいになって
しまいましたが、

とにかく====で就職の相談乗ってくださった方に、
「今年は就活しない」という報告をちゃんとしたかったのです。
でも来年はまた改めてしますので、また来年厚かましくもご相談を持ちかけているかもしれません(汗)

ナカムラさん、マツザキさん、&編集部の方々
ありがとうございました!そしてこれからも頑張ってくださいー。
またPOPの件でお邪魔したときは、遠目にひそやかに応援のエールを送っておきます
(さすがに今までちょっと厚かましすぎたので、反省;)

ではでは
なんのメールか解らなくなってすいません;

                                     


PS 毎月読んでますよ〜。でも最近、編集後記なくなりました?

 

posted by y at 00:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月12日

新撰組!

ほんとにたまたま、テレビをつけたら
新撰組の最終回でした。
今まで見てなかったのにあまりの偶然に思わず見てしまった。

最終回だけしかみてないくせに、
よかった、と思えた。

それぞれのキャスト演じる歴史上の人物が魅力的である。
一生懸命さが伝わってきた。
この人達の延長線上に私達がいることを忘れてはいけない。


香取信吾おつかれさま。
山本耕治、個人的には「ひとつ屋根の下」で結構すきだった。
藤原竜也、うん、いいですね。
ぐっさんもはまってる。

そして今回思ったけど、なんといってもオダギリジョー。はまり役。
色っぽい。艶っぽい。ぞくぞくさせるセクシーさにやられました。

いい、オダギリジョー。
posted by y at 22:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欠無

誰がなんといおうと私には欠けているものがある。

どうしても手に入れられないもの

どうあがいても私にはないもの

皆は大したことないかのように、それを持っている
さして価値がないかのようなそぶり

でも それは私にとっては喉から手がでるほど
欲して、
でもそれは私には欠けていて
その現実を目の当たりにするたびに
自己嫌悪に陥る


このまま
不完全なままで
このまま
毎日を永遠に繰り返していくんだろうか

他人を見て羨み、
そしてその分 自分を卑下する。


もしそれが私にあったなら
私はきっと自分に自信がもてただろう
もっと積極的になって
自分のしたいことを
躊躇することなくトライしてるだろう

このしがらみさえなければ

きっと。



でも、そう思ってる時点で、
もう私はだめなんだろう
精神的に、きっと 劣っている
posted by y at 00:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

I can tell you only this word

You are in a turning point now.
it progresses to which ?
it -- you -- order Deciding is also you.
Progressing is also you.
Therefore,
I want you to choose how and the direction of which it does not repent.
I want you to believe the thing which he wants to do.
Free [ which it can say to me / one ]
I go my way.
Therefore, move on your way,
without your being also afraid.
which is overflowing with smile is prayed
every day which you pass some day it to be [ after what year ].
posted by y at 00:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

∞のような

あーーーいやだ
いやすぎる
いやすぎる
いやすぎる
いやすぎる
いやすぎる




C'est la même matière de non
qu'il peut devenir quel environnement après tous.
Il ne peut pas s'échapper durant toute la vie.
Il n'est pas libéré.
Comment les environnements sont-ils passés ?
que m'aide ce qui comment est-il a économisé s'il effectue ?
S'il fait de ce monde qui peut être dit également comme infini,
comment peut-il se échapper ?
Aide quelqu'un. Elle est déjà désagréable.






posted by y at 00:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月11日

無題

もう、うちあかんわ。


なんとなくそう思う。
posted by y at 23:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あたまん中に占める妄想

また一日終わってしまいました。

今日は結構精力的に動いたつもりなのに、
あとやらなかんことを書き上げてみると
全然こなせてないことが判明。

 

あと、年末にしようと思ってたバイトが、
実務経験なしだからと断られました。
時給1500の単発は熱かったのに。

でもその代わり、試験監督に受かりました。
とりあえず7000円はゲット。

明日はまた年末年始の居酒屋バイトの
面接に行ってきます。

本格的にフリーター並に働けるのは1月からやけど、
12月中にも合間をみて働けるのならば頑張って稼ぎたいところ。
12月だけで10万稼ぐことを目標に予定組んでるのですが、
なかなかうまくいきませんねー。

 

今日、100均で世界地図を買ってきました。
またも、旅のプランやルート立て、よして予算計算をしてる毎日です。

やっぱヨーロッパは高いなあ。
とりあえずアジア・中東か。
細かく計算してても、滞在費+αのαの部分に結構金かかることが判明。

まず飛行機代。
で、VISA代。<東南アジアこれ高いんだわ!しかも日数かかるんだわ!
なんでこんなにあちこちVISAばっかりいるのか!
インドなんて6ヶ月もいらんから、安くしてくれ。
あと、ベトナムのVISAの高さに圧巻。やだわ。でも行くけど。

あと保険代。現地移動代。
あとあとこれに、ぼったくられたり、ふっかけられたり、
もろもろと加算されてくるでしょう。

 

飛行機代いかに安くするかだよねー。
やっぱねらい目はビーマン・バングラデッシュ。
ぼろくても、世界一落ちるといわれても、悪評高くても
安さにかなうものはない。でも成田からのみ。
くそーー
関東人だけのひいきだー!
成田までのバス代+電車代を考えると往復でやとかなりかさむ。
難しい・・・

いまんとこ、バンコクまでのOPENでとりあえずバンコクinで飛んで
(できれば上海にSTOしたいな)
陸路でバンコク→チェンマイ→ビエンチャン→シェムリ→プノンペン→ホーチミンと
タイ・ラオス・カンボジア・ベトナムを陸路で廻ってから、
南下するか?!(島にも行きたい。島もはさむとして)
マレーシア・シンガポールとマレー半島横断でもするかな。
でもどちみち玄関はバンコク。カオサン。
それでバンコクからインドまでの行程の中で、
STO追加料金でミャンマーとバングラディッシュに寄ってからカルカッタでインドinしようかな、と。

うーん、したら、日本から→インドまでのチケットですべてをSTOとして組み入れるのか、
それとも、バンコクで一度区切ってあらためてカオサンでチケット手配するのか、
結局はどっちが安いんだろう?
期間制限は? 確実性は?

とりあえずアジア→インドまでのルートは大体頭に描けたにせよ
(これもカンボジアで出会った多くの旅人達の情報提供のおかげ)
個人的には一気にトルコまで抜けたい。
トルコは絶対押さえておきたい国だし。
でも、トルコまでの道、パキスタン、アフガン、イラン、イラク、ヨルダンとか。
これ、今は結構危険だし出来れば捕らえられるような馬鹿な日本人にはなりたくない。
うーん。
どうしようかな・・・
トルコは次のヨーロッパ周遊編に組み込もうかな・・。
あーでもトルコはヨーロッパとは別枠で行きたいところー。あーあーどうしよー

カンボジアで会ったしゅうちゃんが
そいえば次インド行くっていってたな。ハンガリーまで抜けるっていってたし、また情報もらおうっと。

 

あー、またこんなことを考えている毎日。

ていうか、レポートやれよ、仕事しろよ、って感じなのですが。。(汗
でもなんかわくわくしてきました。きゃっ*

あとはやっぱり金銭問題。

後のアメリカ・カナダへの長期滞在も考えると、
3月までに50万貯めたい。

3ヶ月で50万・・・いけるでしょーか。
今のとこの計算では、日中に普通の事務系や派遣系のバイトをして(8H)、
その後に、居酒屋や夜遅店で深夜まで働けばなんとかなりそうな予感。

最初は、例のごとくまたリゾバか住み込みに繰り出して稼ごうと思ったけど、
いや、こっちにいるほうが昼も夜も働けてむしろ稼げるかも。
だって、住み込みの寮費とか食費もばかにならないし。

12月、年末年始にちょっとでも稼げれば、残り3ヶ月は少しは楽になるでしょーか。

宝くじ当てたい。
・・・・いや、地道な努力のみ。

posted by y at 03:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

女の命を紛失

化粧ポーチが紛失しました。

正直、泣きそうです。

だって、あれ女の命やんかー(;;)

中身はなんだかんだいって、総額は万を超えてるはず。

はあ、今までコツコツためた化粧品が。。

明日からどうしよう・・・

マジ泣ける。

女の魂を返して〜!

posted by y at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月09日

現実に引き戻される

やばいです。相当。

日本に帰ってきてから、
やっぱりまだ抜けきれずにぐずぐず浸っていました。
むしろあえて気持ち切り替えないようにしてたり。

したら、気づかないうちにありえないくらいに
課題やら仕事やらが溜まってました。

やばし!;

来週とかあんまり予定ないわ〜へへ〜ん、とか思ってたら、
ゼミのレポートX2、実習の完成項提出、某コーナーの取材、
某出版社のセミナー、あと友達の誕生日、そして記事の締切日、
あと、単発のバイト・・・と埋まっておりました。

ぽかーん。

なんか休学を決めて、就活をしないことを決めて
ちょっと気が緩んでたのかな。

休学するならするで、それなりに予定やしなあかんことが山積みに
なってくるという現実を忘れていたようです。

教授にも話しにいかなあかんしな、あとカンボジアで休んだ授業のフォローとして
レポートも出しとこうかな、とか、

あとは金銭問題。毎日お金の計算してていややねんけど、
4月には発つという目標を決めて、それまでにいくら稼ぐかが問題。

当初の予定は月20万稼ぐつもりだったんだけど、不可能とういことが判明。

月15×3かな。でも45万かあ・・・

少しでも稼ぐために、12月から頑張ることに。
年末は居酒屋で44時間ぶっつづけバイトというのにチャレンジします。仮眠は少しもらえるよーですが。

あと、合間を縫って、派遣のバイトを入れていってます。

でも現実は案外時間ないことに今頃気づきました;

来週やばくない?!

でも、夏のインターンメンバーと朝まで他己分析会を実行する予定。
どんなに忙しくてもこれだけは譲れないんだわ。絶対する!

 

いや、人間、若いうちはまだ無理が効くもんざんず。

posted by y at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月04日

ビネツ

日本に帰ってからずっと微熱が続いている。
体がダルイ・・・

しんどい・・・

変な病気かかったんやろか。
確かに、どんな病気にかかってもおかしくない環境やったけどさ。
マラリアとかやったらいややなー

検疫ひっかかったしな。

 

てことで言われたとおり、
病院にいってきました。

今、血液検査の結果待ち。

とりあえずSARSじゃないらしい、
よかった
外には出られますわ。

posted by y at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。